« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

大晦日です

冷たい風が吹き付ける大晦日です。

書類の片付けと依頼者の方に経過報告の手紙を作ったり。
仕事をしだすと区切りがつかなくなり、最後までバタバタしていましたが、家に入る時になって、やっと終わったなーという気持ちが沸いてきました。

今年は、公私共にいろんな変化がありました。

今、振り返って思い返すことができないくらい、めまぐるしく余裕のない毎日でしたが、多くの方のご協力で無事に今日の日を迎えることができて、ホッとしています。

皆さん、1年間ありがとうございました。

よいお年を迎えて下さい。

|

2007年12月30日 (日)

佳松苑風香

毎回雪で電車のトラブルに見舞われるのにも懲りず、3シーズン連続で夕日ヶ浦温泉へ。

佳松苑風香、海花亭紫峰閣 と続いて、今回再び佳松苑風香 に戻りました。

お食事処では、「これからこのカニを蒸しますからね」と、地元のタグ付きで、まだ口がパクパク動いているカニを見せに来てくれました。

お客の気持ちつかんでますね・・・。

しかも、蒸す作業をお客から見えるカウンターでされているので、信頼と満足度もアップです(司法書士の仕事には、どうすれば応用を利かせることができるかな?)。

観光する所もなく、この時間に戻って来ましたが、来年も絶対夕日ヶ浦に行きたい。
「せっかくだから違う旅館に泊まろう」と思うであろう気持ちに、今回大満足できた思いがどこまで対抗できるでしょうか。

|

2007年12月28日 (金)

最後の営業日

不思議と「最終日」という気がしないまま、今年最後の営業日を終えました。

パソコンのことも含めて、朝からヒヤヒヤ。
朝からじゃなくて、最近ずっとヒヤヒヤ。

でも、パソコンも無事復旧して、仕事のことも何とかクリアすることができて、よかったです。

目の前のファイルは残してしまいましたが、みんな笑顔で「一年間お疲れ様でした。来年もよろしくお願いします」と解散。

あーせっかくいい感じで終わったのに、まだ続きがあった・・・。

|

2007年12月27日 (木)

忘年会

朝から息つく間無く、来客と書類作成です。
どうしても明日出したい破産申し立てと、登記の準備。

夜は忘年会の予定だったので、何とか5時半に終わらせようと。

終わらなかったけど、とりえず忘年会に。

「いつ収入がゼロになるか分からないのに、住宅ローンなんて組めないですよ」という発言に、「あっ、今言ったことみんな覚えておいて」と私。「それブログに書いておいたらどうですか?」という声があったので、書き残しておきましょう。

留守番で仕事をしていたスタッフから、「パソコンが真っ黒になっています」とメール。

なんでこんな時期に・・・。

|

2007年12月26日 (水)

野菜ジュース

先日書いたのは司法書士の研修単位のことですが、年末の期限ぎりぎりになって、AFP資格更新のための必要単位を確保できました。

危なかった・・・。

こんなことを書くと、「普段偉そうなことを書いているくせに」と、周りから言われたりしていますが、自分を戒める意味も込めてです。

気合いを入れて仕事してもらおうと、こないだの休みに200mlの野菜ジュースを買い込んだのですが、どんどん消費してくれています。

栄養ドリンクと一緒で気分的なもので、「しんどい」と思った時に飲むと、何となく力が湧くような気がします。

|

2007年12月25日 (火)

分担できること

2人で取引に行き、抹消書類の受け取りに途中で別れ、別々の法務局まで申請に。

独立してから、今まで一度もこういうケースがありませんでした。

一人でできないことではないですが、一人であれば一日仕事になります。
なので、分担できることは引き受けてもらって、これからも、あえてこういう機会を作っていければ、と。

でも、男性のスタッフを雇うことになるとは、ちょっと前までは考えもしてなかったのですから、不思議なご縁。

みんなの協力で、今日の予定は無事にクリアです。

|

2007年12月24日 (月)

これで単位も大丈夫?

合併の添付書類のことで悩んでいたら、ちょうど会報で研修の案内があったことを思い出し、はじめて大阪司法書士会のホームページから、映像配信システムでの研修を見てしまいました。これは便利です。

「登録免許税法施行規則第12条第7項の規定に関する証明書」が添付書類に加わっていることも確認できました。

明後日申し立てる予定だった個人再生。
明日私が出掛けている間に仕上げておいてもらう予定が、住民票の期限が明日であることに気付き、慌ててまとめてポストに投函。

予定外の時間を使ってしまい、「3日間あれば大丈夫」と思っていたのに、思うように片付きませんでした。

年末4日間の予定は、一覧表にしてまとめました。
不確定な予定もたくさんありますが、一つずつクリアしていくことにしましょう。

|

2007年12月23日 (日)

休日の郵便局にて

急ぎの内容証明郵便があったので、取り扱いの郵便局まで。
郵便局は閉まっていたので、別窓口での受付だったのですが、常に15人待ち。

内容証明を処理してもらっている間も10分以上待ったのですが、「はい、1通入れて下さい」と、いつものように相手方に送る分を渡されたので、一瞬「こんなに混んでるんだから、入れてくれても・・・」(たくさんの人が机に群がっているから中を見られる、という理由で)と言いかけた私。

でも、送ろうとする物が入ってる箱や袋の封をせずに、職員の人に渡そうとする人もおられるんですね。

「これで封をして下さい」と職員の人にガムテープを渡されて、「それぐらいしてよ」と文句を言ったお客を見て、自分は文句を言わなくてよかった、と。

職員の人は手が足りない中、並ばされて、イライラした客に対応するのは大変。

列を無視して窓口に直行し、「みんな並んでいますよ」と言われても無視して用事を済ませたおばちゃんがいたり、いろんな人を見れてしまいました。

|

2007年12月21日 (金)

成功者の告白

私が発した言葉に、奥様が「それ、成功者の告白と一緒!」と反応しました。

「成功者の告白」(講談社文庫 神田昌典著)を読んでから、日常の出来事の見え方が変わりました。

ある経営者が成功するまでの過程には、いろんな障害が用意されている、ということが書かれているのですが、自分の身に置き換えてみると、書かれていること、筆者の言いたいことがものすごくよく分かるのです。

そして、間違った例として書かれていることと、同じようなことを言って非難される自分・・・。

そこで、「この本はやっぱりすごい」と感心してたら駄目なのですが、みなさんもいかがでしょう?私も友達に勧められて読んでみました。

|

2007年12月20日 (木)

10年前の時間から

バサッと、チェック待ちのファイルの山が2回崩れました。
崩れる間に、「あーー」と発する微妙な「間」があるのですが、誰も止めることが出来ず。

ところで、登記法の知識の大切さを改めて感じている毎日です。
私の場合、試験からちょうど10年経って、特に普段仕事で使わない部分は抜けてしまっていますが、実務だけでは足らないのが登記の仕事。

仕事をしていることがイメージできたら、もっと試験勉強に力が入ったかな?と、そんなことも思ったりしていますが、当時はイメージできるはずもなく。

でも、今机に向かわれている時間は、決して無駄にはならないですよ、と、珍しく受験生の方へのメッセージになりました。

|

2007年12月19日 (水)

手が空いた瞬間に

手が空いた瞬間を見て、次の用事を持ち出す私。
働いてくれてる人にとっては、気の休まる間なしです。

ただ、自分の仕事をしながら、誰が今何をしているかを見れているのは、私の場合3~4人が限度でしょうね。

面接の時、「忙しいのに残業はなしですか?」と聞かれて、「なしです」と答えた話は書きましたが、残業をしてもらわないようにしている理由がひとつ分かりました。

みんなが頑張り過ぎてくれると、結局私の前にチェックすべき書類が積み上がってしまって、私が追われることになるのです。

いずれにしても私の力不足ということになりますが、仕事を回せる余裕があるうちはまだ大丈夫、ということでお許しを。

|

2007年12月18日 (火)

顔色を見て

お客さんに、「痩せましたね」と言われ、「えっ?」と。
「絶対痩せましたよ」と言われると、確かに胃腸をやられて、しばらくまともに食べれてなかったからかもしれませんね、と。でも、自分の中での自覚はありません。

一方、友達の先生の顔を見て、「かなり疲れてるでしょ?」と聞くと、「なんで分かるの?」と。「いや、目を見ればすぐに分かるよ」と。

自分が思っている以上に、他の人は自分のことを見てくれているのかもしれませんね。

その先生と、「どうしてしんどい思いまでして働いてるんだろう?」と何気なく話をしていました。

お客さんのため、というつもりはないし、お金のため、というつもりもないし、結論は出ませんでしたが、どうしてなんでしょうね・・・。

|

2007年12月17日 (月)

500円の買い物

年末最終の週に、大きな仕事が入ってきます。
別件では「どうなってますか?」とお客さんに言われ、「すいません~」と慌てて書類の作成。

年末までに超えないといけない山がたくさんです。

新しいご相談の受付は、今週の金曜日頃にストップする予定です。

ところで、去年も書いていたと思いますが、寒くなると、帰り道に誘惑があります。
引越しして、帰宅途中のたこ焼き屋さんが、また一軒増えました。
今日は、買おうと思った店が閉まっていて一旦はあきらめたものの、結局、次の店で・・・。

でも、500円の買い物で家族も喜んでくれるのであれば、有意義なお金の使い方では?と自分を納得させています。

|

2007年12月16日 (日)

日曜日の営業

私が治ったと思ったら、妹も感染性胃腸炎に。
流行っているらしいですね。

しかし、日曜日は内科も休み。
当たり前といえば当たり前なのですが、そんな中で1軒だけ近くで開けてくれている所を見付けて、これからもいざという時に頼りにさせてもらえそうです。

我々に対しても、土日に相談を受け付けることへのニーズは大きいと思います。

それが分かっていても閉めているのは、平日にお受けする仕事でめいいっぱいで、土日は受付を止めて、事務仕事をしないと仕事が溜まってしまうばかりだからですが、「相談に行こう」と思ってくれる方には関係のない話です。

立場を変えて考えてみると、「土日も営業」という事務所を見付けた時、今日の私のような気持ちになられるのであろう、ということが分かります。

|

2007年12月14日 (金)

電気の増設

入り口と接客スペースが暗かったので、事務所の電灯を増設してもらいました。

ずいぶんと明るくなり喜んでいるのですが、今度は逆に、他の場所が暗く感じるようになってしまいました。

人の感覚って、勝手なものですね・・・。
何かを感じるときに、他のモノと比べて判断している、ということがよく分かります。

ウイルスソフトを、ノートンからウイルスバスターに入れ替えて、2日後に突然起動しなくなったパソコンが戻ってきました。残念ながら、初期化された状態です。

私のパソコンも、一晩経ってもウイルスチェックが終わらなかったり、どうもおかしいのでサポートセンターに聞いてみたところ、メモリ不足が原因。私のパソコンのメモリでは、最初から「ウイルスバスター2008」を使ってはいけないんだそうです。

修理に出したパソコンが起動しなくなった原因も、ノートンを完全にアンインストールできていなかったことが可能性として考えられる、と。

ウイルスも恐いですが、ウイルスソフトの使い方にも気を付けたほうがよさそうです。

|

2007年12月13日 (木)

臨時収入×10/10

「貯金=通常収入×1/4+臨時収入×10/10」

何気なく日経新聞を見ていると、フッと目に留まった数式です。
「この考え方いただき!」と私の頭が反応しましたが、読んでみると、本多静六さんの「四分の一貯金法」でした。

改めて、本多静六さんの「私の財産告白」を開いてみると、以前読んだ時に、下記の部分にアンダーラインが引いてありました。

「収入があったとき、容赦なくその4分の1を天引きにして貯金してしまう。そうして、その余の4分の3で、いっそう苦しい生活を覚悟の上で押し通すことである」(以上引用です)

「容赦なく」ということなので、収入の多い少ないは、関係ないということですね。
個人的には、こういう考え方が大事にされるようになれば・・・と思っています。

|

2007年12月12日 (水)

慣れましたか?

今日は来客が9件。
来客の間にも電話が鳴ったり、非常に慌しい日でした。

債務整理、不動産の登記、会社の登記がごちゃごちゃになって動いています。
決して楽ではありませんが、こういう状況が個人的にはとても好きです。

継続的にお付き合いのあるお客さんが来られると、挨拶代わりに、新しいメンバーに「もう慣れましたか?」とお声が掛かります。

「すっかり慣れました」と言うわけにもいかないし、「全然慣れません」と言うわけにもいかないし、難しそうです。

|

2007年12月11日 (火)

疑問を感じる機会

最近、日経新聞の一面に出ているシリーズ「日本人とおカネ」を興味深く読んでいます。第一部のサブタイトルは「危うき奔流」。

人には欲があるからこそ、それがパワーになっていい方にも進むし、少し間違うと悪い方向にも進んでいくわけですね。そういうことがよく分かります。

ところが、間違っているかもしれない価値観が多数派だったりするもの。

お金に対する価値観なんて、何が正しいのか正解はどこにもありませんが、日常の中で「間違ってるかも?」と、疑問を感じさせてもらえる機会も足らないのかもしれません。

そんな中、記事は問題を投げかけてくれています。

|

2007年12月10日 (月)

ボーナスは臨時の収入

ボーナスの時期になりました。

自分のことを振り返ってみると、勤めていた時って、そのありがたさというのが理解できていなかったと思います。「もらって当たり前」という感覚でしょうか。

でも、立場が逆になった今では、「業績が悪ければもらえない」「臨時の収入」なのだから、ボーナスを当てにして生活してたらいけないんだ、と。スタッフにもそう話をしたということを、ブログにも書いたことありました。

あくまでも私の感覚ですが、ボーナスをもらったから、その一部で何か欲しいものを買うとか、旅行に行くとか、そういう使い方をするのは全然OKだと思います。その代わり、「贅沢したな」「生活費以上の支出をしたな」と、意識してお金を使うことです。

でも、将来確実に必要な支出があるのに蓄えず、毎月の生活に取り崩して全部使ってしまうとか、ボーナス払いでローンを組んで、ボーナスがなければ生活自体が成り立たないとか、危険な選択をしてしまってる家庭がたくさんあります。

自分自身、ボーナスがない立場に立ってみなければ、そういう考えにはならなかったかもしれませんが、ボーナスは「臨時の収入」であって、もらえなくても生活には支障がないようにしておくことは重要だと思います。

|

2007年12月 8日 (土)

長期休暇をもらったら

朝から仕事をして、夕方スポーツクラブに寄って帰宅。

その会費を落とすために強制的に作らされたカードが届いていました。
自動的に設定されたショッピング枠は80万円・・・。

カードはそのまま封筒の中に戻して、出さないでおきましょう。

夜、テレビを見ているとクイズをしていました。
「高額納税者が長期休暇をもらったらすることは?」

奥様は、即座に「仕事!」と反応。
私は、「海外旅行」だと思いましたが、間違いでした。
私の考えは甘いわけですね。

奥様曰く、私を見ていて仕事だと思ったとのこと。
私が高額納税者になることはないけれど、お褒めの言葉だと思って、仕事をすることにしましょう。

|

2007年12月 7日 (金)

あと3週間なのに?

今日の昼食は、みんなでカツカレー。
サービスのコカコーラ付。

下のラーメン屋さんから出前で届けてもらったのですが、「何でラーメン屋さんがカレーを?」というのは置いておいて、なかなか美味しい。中ジョッキに注がれたコーラで、満腹感がまた満たされます。

昨日出した登記のことが気になり、電話が鳴る度に「ドキッ」「ビクッ」としていましたが、登記でひと段落ついたので、ホッとしています。

今年はあと3週間しかないのですが、年末って感じが全然しないんですね。
新しい体制が始まって、みんなよく働いてくれているので、毎年と違って気持ちの中でも余裕を持って仕事をさせてもらっています。

|

2007年12月 6日 (木)

約束を守れなければ

任意整理での返済中、病気になってしまったので、改めて自己破産の手続きをすることになった案件。すると、債権者から、「おかしい」と電話が掛かってきます。

事情はともあれ、約束を守れなかったのだから責められても仕方がない。
約束って、本来それだけ大事なものであることは分かっています。

退職金があるはずなので、それで返せるのでは?
任意整理での返済中にも、貯金はできたはずでしょ?
そもそも親元で暮らしていて、どうして借金しなきゃならなかったのか?
こんなことになるなら、任意整理に応じたのが間違いでした。

今さらそれを言われても・・・という感じで、退職金もないらしいんですよと説明しましたが、みんなそれぞれの立場があるので、私も立場が違えばそう言うのだと思います。 

ただ、私の立場からしても、返済中も、何かがあっても困らないように、少しずつでも蓄えをしていて欲しいと、いつも思っています。

|

2007年12月 5日 (水)

職場に居て欲しい人

今日は、明け渡す隣の部屋のカギを、家主さんに返却する日。

金具を床にとめていた両面テープの跡が取れなくて、朝から洗剤やマジックリンで床をこすります(もっと前からしておくべきなのに、当日になってバタバタするのはダメ人間の例です)。

でも、思うように取れないので、「シンナーでも買って来るわ(でも手が荒れるよな・・・)」と事務所で話をしていたところ、「消しゴムはどうですか?」との声。

疑問に思いつつ消しゴムでこすってみると、ポロポロと簡単に取れていきます。

私の頭の中に、消しゴムの存在はありませんでした。

職場に居てほしいのは、知識があることよりも、知恵の働く人。
学問で頭がいいことよりも、機転が利く「賢い」人ですね。

|

2007年12月 4日 (火)

加湿器と空気清浄機

「かび臭い」との声に、加湿機能がついたヒーターの中を開けると、本来入っているはずのフィルターがない・・・。前シーズン終了時に、新しいものを買わずに捨ててしまったかな?すぐに取り寄せを頼んだものの、加湿器を止めると、すぐに部屋の体感温度が下がります。

ということで、部屋が広くなった分、元々パワーが強いやつが欲しかったので(古い分は家で使います)、大き目の加湿器を買いました。ヒーターがセットになっていると電気代が高くなるということで、今度は加湿機能だけのものを。

でも、湿度と体感温度の関係がよく分かった一日でした。

空気清浄機も、事務所でいい方を使わせてもらおうと、自宅にいただいた物を持ってきました。事務所で過ごす時間のほうが明らかに長いですので、少しでも快適な空間で過ごさせてもらおう、と。

家では毎日掃除機を掛けてくれているそうですが、空気の吸い込み口にホコリが吸い付いているのを見て、効果を実感しています。

|

2007年12月 3日 (月)

新メンバー参加

今日から新メンバー参加で、一時的に5人体制になります。

随分前に内定を出させてもらっていたのに、席を確保できる時期(引越し時期)が確定できず、失礼な状態が続いていました。引越しを急いだのにはそんな理由もあったのですが、無事にこの日を迎えることができて、ホッとしています。

勤務開始を待っている間に、社労士試験合格の土産を持ってきてくれました。さらなるステップアップの場としてもらえるよう願っています。

いろいろあった動きの中で、これが最後(のはず)。

みんな教え合ってやってくれているので、私は自分の仕事に集中できています。

|

2007年12月 2日 (日)

公衆電話の必要性

今朝のサンデーモーニングを見ていると、例の事件について、出演者が「学ばないと」というコメントを発していました。

家族間の金銭問題、地方経済の問題、経済的に追い詰められると精神状態がどうなるのか、といった話が出ていましたが、考えないといけないのは、こういうことだと思うんですよね~。

昼、弁当を買いに外に出て、事務所に戻ると鍵が開かない・・・。
携帯も持たずに出たので、公衆電話からカギ屋さんを呼んで、寒い廊下で待つこと30分。

飛んで来てくれたので救われましたが、長い間使っていない公衆電話の必要性を再確認です。

|

2007年12月 1日 (土)

経営状態と掃除

事務所の隣のコンビニが閉店になりました。
メール便を送ったり、便利に使わせてもらっていたので残念。

それと、24時間人が居てくれていることで、治安の面でも安心だったのですが、光がなくなり逆に不気味な建物になっています。

9月4日のブログで、同じ通りにコンビニが2軒ある中で、もう1軒参入してきたことを書きました。あれから3ヶ月も経たずに潰れてしまいましたが、「ダメになるよー」というのは、随分と前から言っていました。

店内のブラインド、真っ黒な埃りがこびり付いていました。多分、掃除されたことはないのだと思います。こういうのは、ダメになる組織の典型的な症状なんですね~、と私が勝手に考えているだけですが、他にもいろいろと感じることがありました。

私自身も事業者なので、じゃあ自分はどうなのか?と、自分に置き換えて物事を観察するようにしています。

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »