« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

予定がなかった大金

過払金をご返却する際、「ちょうど家族が○○でお金が必要になってねぇ」というお話になりました。

ちょうどよかったですね、というには話が出来すぎているので、「そのご家族の方は、過払金が戻ってくることを知っておられますか?」とお聞きしました。

ご存知なのであれば、失礼ながら騙されておられるのかも?
根拠がなく疑ったのではなく、他でもお聞きしたことがある話だったのですが、お金を求めているご家族は、過払金の存在は知らないとのこと。

私の気にし過ぎであればいいのですが、元々、手元に入ってくる予定がなかった大金です。

他社への返済が残らない場合、使い道にまで首を突っ込む権利はありませんが、貴重なお金のはずですから、その後の管理には気を付けていただければ・・・と、日々願っています。

|

2007年11月29日 (木)

裁判所に出頭する意味

お客さんに、「風邪は大丈夫ですか?」と聞かれ、ああ読んで下さっていたんだ、と。

昨日も「読んでますよ」と言ってもらえ、はじめて事務所に来てもらう前だけではなくて、その後も読み続けていただけるのは、本当にうれしいことです。

今日は破産管財事件の債権者集会に同行。

債権者集会といっても、個人の破産の場合、たいていのケースでは債権者の方は来られませんし、裁判官の話も形式的なもので終わってしまいます。でも、破産も再生も、最近は書面だけで通ってしまうことが多い中、やっぱり意味がある場だと感じます。

裁判官は、当たり前のことを当たり前に話をされますが、気を抜くと、そういう部分を私も忘れそうになります。

私たちが忘れていれば、債務者ご自身には伝わるわけないですから、都合のいいことよりも、耳が痛いと感じて下さるようなことを書いているブロクでありたいと思います。

|

2007年11月28日 (水)

憶測での議論

今日は昼からお休みをいただきました。

普段は家に居ることのない時間、ニュースやワイドショーも見てしまいましたが、今話題になっている事件について、有名な方々が憶測で議論されているのを見て、どうなってんだ?という印象を受けました。

私も含めて、それを見てしまう人がいるから番組が成り立つわけですが、被害者の側に立つはずの人のプライバシーは無視・・・ですね。

ただ、ひとつの事件の背景だけを考えるのではなく、今の社会の中で、今回の事件が教えてくれているものとは?と考えてみると、個人的にはいろいろと感じることがあります。

|

2007年11月27日 (火)

リモコン式の鍵

新しい部屋に、「ケアガード」というリモコン式の鍵を設置してもらいました。

警備がついているので、そこまでしなくても?とも思いますが、少しの出費で安心が買えるならと。メインの鍵とは別に、外からリモコンで、鍵の開け閉めができるようになっています。

耳鼻科にも行ってきました。
「ペンキの刺激とかで喉が荒れることがありますか?」と聞いてみましたが、「風邪でしょう」ということで、逆に安心しました。

今日は早く帰ろう帰ろうと思いながら、お客さんに私の体調は関係がないことで、夜の来客だけキャンセルさせていただいて、早目に帰宅することにします。

|

2007年11月26日 (月)

それぞれの感性

私の外出中に、冷蔵庫やコピー機、机の位置が微妙に変わっています。
みんなそれぞれ自分の感性を持っていて、「こうすればいいかも?」という感覚も違うんでしょうね・・・。

でも、仕事でも何でもそうですが、「こうすればいいかも?」と自分の頭で考えて、実際に行動してみることは、大事なことなのかもしれません。

まだ微妙にペンキの臭いがしていたりすることもあり、みんな、部屋の乾燥や、喉の痛みを訴えています。仕事が詰まっていることもあり、今週は新しい予定を入れないようにさせてもらいます。

私は喉の痛みを通り越して、昨日から熱っぽいです。
環境の変わり目なので、いろいろと気を付けることにしましょう。

|

2007年11月25日 (日)

従業員が退職するとき

昨日の話の続きですが、せっかく育ってくれて、ずっといて欲しい従業員に去られるのは、我々のような零細組織にとっては大きなダメージです。

女性の場合、結婚・出産というイベントがあるのでなおさら。
でも、いつかその時がくるものと、頭では理解していたとしても、いざとなるとショックを受けることになります。

今回の場合、「また戻ってきたい」という気持ちを伝えてもらえて救われましたが、一瞬、「ウチの事務所はどうなるんだ?」と、自分のことしか考えられず。喜びの言葉を掛けてあげれなかった自分は、ちっさい人間なんだなと思いました。

新しく来てくれた司法書士さんも、近い将来に独立するというのが前提です。
快く送り出してあげることができるように、開業のことについては、日頃からオープンに話をするようにしています。

|

2007年11月24日 (土)

事務所移転の目的

追加で頼んだ備品も届き、形が出来てきました。

接客スペースは軽くパーテーションで囲み、他の来客の方とは目が合わないようにしました。

それと、最悪、来客がかぶってもいいようにサブの接客スペースも作り、賃貸の不動産屋さんに置いてあるような、両方から足を入れれるタイプのカウンターにしました。

パンク状態だった収納スペースは、書庫を買い足して解決です。

事務所を引越した目的は大きくはこの3つで、よく「これからも大きくしていかれるんですか?」と聞かれるのですが、人を何人にしたいとか、売上をどうしたいとか、そういう欲求はあまりないんですね。

個人的な事情なので今まで書かないでいましたが、もうすぐスタッフの一人が産休に入るので、人を増やして引継ぎをしてもらわなければならない、という事情も重なりました。この話は、明日に続きます。

|

2007年11月23日 (金)

机の位置

いつもより早く起きて事務所に。

ああでもないこうでもないと考えながら、机の位置を90度回転させました。
せっかく並べた本棚の本もまた全部出して、移動です。

今度こそ、部屋の中側を向いて座れると思って図面を作っていたのですが、最終的に、また壁を向いて座ることにしました。そのほうが部屋を広く使えるのと、仕事中もじっと座っているわけではないので、やっぱり後ろに空間があるほうが動きやすいんですよね。

本棚には、もう開かないかもしれない本がたくさんありました。
開業の時、本棚が寂しいので「とりあえず」と買い込んだものも含まれています。

常日頃使う本は本棚にあるのではなく、机の周りに散らばっていたようです。

|

2007年11月22日 (木)

引越し完了

何とか荷物の移動が完了しました。

昼休みから一人で机の周りの整理をしはじめ、「落ち着かないから、もう仕事は止めようか」と3人で荷造りをはじめたのですが、5時に来られるはずの引越屋さんが、「これから行きます」と2時半に来られて大慌て。

必死で荷造りしている横で、荷物が残ったままの本棚をそのまま運ばれるものだから、余計にあせっていました。

「FAXはギリギリまで置いておいて・・・」とスタッフに伝えていたものの、「もう動かすらしいです」と言われるとやむなし。

しかし、すごいパワーですね・・・。
パワーよりも、コツなのかもしれませんが、いずれにしてもプロの技でした。

電話、FAXとインターネットが繋がらない3日間ですが、月曜日から普通に仕事ができるように、せっせと片付けします。

|

2007年11月21日 (水)

事務所移転の前日

引越しネタ続きですが、明日、夕方から事務所の引越しをします。

GOを掛けてから2週間の出来事で、昨日今日は、私が事務所に出る時間より早くから、内装工事をして下さっています。

電話番号はそのままですが、電話工事が26日(月)の午前中ですので、電話の繋がらない時間ができるかもしれません。連絡をして下さる皆さんにはご迷惑をお掛けします。

記念に残しておこうと、今の事務所の中の写真を撮っていました。
ここで過ごした4年間、いろんなことがありましたが、この部屋で仕事をさせてもらうことができて、本当に良かったと思っています。

それと、新しい場所に移っても、今の事務所に来た時の気持ちは忘れないでいようと思います。

|

2007年11月20日 (火)

光熱費の金額

自宅の引越しから1ヶ月経ち、光熱費の請求書が出揃いましたが、今までの1.5倍になってしまいました。

「このマンション、元々の下水道代の設定が高過ぎるんじゃないの?」と言い訳を考えながら請求書を見ていたのですが、堺市の「水道料金早見表」なるものがあって、上水道も下水道も、利用量によって自動的に料金が決まる仕組みになっているんですね。

ただ、「節約しよう」と、意識してケチるのではなくて、自分の中でごくごく普通の生活をして、それでいて「うちは安いよ」と言えるような生活レベルを保てるかどうか。

高くても安くても、誰にも迷惑は掛けないので、別に「安いよ」と言う必要もないわけですが、数字は正直なので、数字がおかしいのであれば何か原因はあるはずです。

光熱費に限らず、食費なんかでも同じことですが、たくさんの家計表を見させてもらう立場にいる者として、そんなことを感じます。

|

2007年11月19日 (月)

今日から暖房

一気に寒くなり、今日から事務所にも暖房が入りました。

受任から5ヶ月近く経っても申し立てができない依頼者から、「訴状が届いた」との連絡。元々18%の銀行系の消費者金融ですが、やってくるんですね・・・。

ここからは、受任中にもかかわらず、給料の差し押さえをされたこともありました。

ご本人さんにとっては、何でそんなことをされるのか?ということになりますが、私からすれば、訴訟を起された意味はよくわかります。

一応、委任契約書には、「依頼者の不協力で4ヶ月経っても申し立てできない時は契約解除できる」旨の条項を入れています。特別な事情がない限り、準備に4か月もかからないです。これからは訴訟や差し押さえに動かれる機会が増えていくかも?と思っておくほうがいいのかもしれません。

|

2007年11月18日 (日)

ブランド意識

城崎のホテル金波楼に行ってきました。
カニ道楽とグループ会社なので、大丈夫だろう(変なカニは出てこないだろう)と信頼をして・・・。結果、大当たりでした。

あのカニ道楽だから他とは違うだろう、という期待。
ブランド感覚ですね。

朝食を食べていると、「チェックアウトされる前に、フロントに電話を入れて下さい。お荷物を預かりに行きます」と言われました。運んでもらうために、わざわざ来てもらうことはありませんが、そんな声を掛けてもらったのははじめてなので、「やっぱりここは」と、また満足度が上がります。

思い返してみると、今年のブログは吉兆の話からはじまりました。
ブランドを崩すのは一瞬の出来事ですが、今までコツコツと積み重ねてこられたであろう努力を思うと、ああいう不祥事は残念でならないですね。

|

2007年11月16日 (金)

洗濯機の中から

事務所に着いて、事務所のカギを家に忘れてきたことに気付きました。

そうならないように、家のカギ、事務所のカギ、車のカギを一つのキーホルダーに綴じているのですが、朝玄関で見送ってもらったので、家のカギを閉めずに出てきたせいでした。

しばらくすると、「洗濯機の中からボールペンが出てきたー」とのメール。

いろいろと「ちょっと休め」というサインを出してくれているようなので、明日はのんびりしに行ってきます。

引越しの日程も、やっと確定しました。

明後日は、エアコンと電気工事。
月曜日にペンキ塗り。
水曜日に壁紙張替え。
木曜日にタイルカーペットを敷いてもらって、その日の夜に引越しです。

|

2007年11月15日 (木)

税務署から電話です

接客済んでひと息ついていると、「先生!税務署から電話です!」。

法務局からの電話も嫌ですが、税務署からの電話に、いい話は予想できません。
ついに、その時がきたかと身構えましたが、「来年はぜひ電子申告にして下さい」との話に、拍子抜け。

その後の接客中、いきなり段ボールが事務所の中に運び込まれてきます。

事前にあったらしい電話のことを知らなかった私はびっくりして、「外に置いておいて」と言うのが精一杯。お客さんも何事かと思われたことでしょう。

「荷造りは2時間で終わるかな」と話す私に、「いや1日掛かるよ」との意見。

でも2時間で大丈夫、と思ってしまう私は、ただ楽観的なのか、やっぱり無計画な人なのか。

|

2007年11月14日 (水)

将来の出来事に対して

昨日はブログを書くのにログインしようとしたところ、メンテナンス中・・・の表示。

2~3日前にメンテのことに気付いて、「早目に書いておこう」と考えていたのに、完全に頭から飛んでいました。

今日も、事務所に座っていて、かすかに聞こえるビルのエレベーターの音に、「あっ!忘れてた」と気付いた時には、ドアをノックする音。

お客さんが来られることも意識から飛んでいて、慌てて準備を・・・。

先のことを考えておく余裕。
先のことといっても、その日のことなのですが、確実に予想できる将来の出来事に、余裕を持って準備しておくことができなくなるのは、危険な状態です。

|

2007年11月12日 (月)

何倍も大変・・・

113円台でドルを買えた~と喜んでいたら、110円台まで落ちました。
日経平均も大幅に下がっています。

どうしてそうなるのか?というニュースを拾うことしかできませんが、自分の力が及ばない世界ですね。

事務所の引越しを甘く考えていた私。

二回目なのに?
「前はすんなりといけたから」と、逆に、二回目だからなのかもしれません。

今日も、入れ替わりいろんな業者さんが来て下さいましたが、日がない中で、いろんな方にご迷惑を掛けてしまっています。

荷物を運ぶのはたった1時間で済むそうですが、それ以外のことのほうが何倍も大変・・・ということを実感しています。

|

2007年11月11日 (日)

スポーツクラブデビュー

昨日からずっと机の配置を考えて、図面を書いているものの、うまく考えがまとまらず、ズルズルと時間が過ぎていきます。

今は、各自独立していた配置になっているので(ただ単に場所が狭いので、壁に向いているだけですが)、壁を向かず、他の人の目線が気にならない配置で・・・となると、なかなか。

明日、みんなの意見を聞いて整えることにしましょう。

そんな中、スポーツクラブデビューをしてきました。
今日は、身体データーの確認(体脂肪率が黄信号・・・)と、案内がメインでしたが、その後は自由に使わせてもらえ、いい汗を流せました。

初日から、「時間がない(から行けない)!」と言いそうになりましたが、三日坊主で終わらず、続けることができるでしょうか。

|

2007年11月 9日 (金)

郵便出すフリして

「郵便出してきましょか?」と聞かれたので「お願いします」。

ところが、しばらくすると、銀行から「出金1件完了」のメールが・・・。
身に覚えがないので、「なんで?」とつぶやいたら、「あっ、バレました?」

その前に頼んだ出金を忘れてたので、郵便出しに行くフリをして銀行に駆け込んだとのこと。悪いことはできませんねぇ。

お客さんから、「これから消費者金融はどうなりますか?」と聞かれたので、大手はこうなって中小はこうなって、そのうちこうなるでしょうね、とお答えします。で、結局、しわ寄せが来るのは○○のような立場の人。

それじゃ、先がないので転職を考えないといけませんね、とお客さん。
消費者金融の貸出量が減っていることで、間接的なダメージを受けている業界があって、またそこから仕事が流れている業界があって、そんな所にも影響が及んでいるのか・・・と。

|

2007年11月 8日 (木)

事務所のカラー

いつも6時になったら電話を自動音声に切り替えるのですが、「また掛けますから」と言われた電話を待つのにそのままにしていると、気にしていた案件が立て続けに解決です。いい日でした。

新しいメンバーが入り、「○○について先生はどう考えているのですか?」という質問がよく飛んできます。求人を出す時もそう感じたのですが、自分の考え方を整理するいい機会のような気がします。

他の考え方を否定する時も、じゃあ何でその考え方がダメだと思うのか、という理由も添えて話をするようにすると、私の頭の中もすっきりします。

どんな考え方を採用するかは個々の自由なので、押し付けることはしませんが、お客さんのプライベートなことに立ち入ることが多い仕事です。

スタッフに同調してもらえる部分が多ければ多いほど、それが事務所のカラーになり、私の考え方がお客さんに伝わる力も強くなると思います。

|

2007年11月 7日 (水)

引越し準備に

今日、お隣りの部屋が空き、鍵を預りました。

さっさと引越日を決め、電話工事の予約。
家主さんとは契約条件の確認。
部屋の採寸と、エアコン工事、内装工事の手配を済ませました。

あとは、どうやって机を並べて、効率のいい空間を作るか。
ああでもない、こうでもないと、縮尺を小さくして作った切抜きを並べることになるのですが、楽しくもあり、時間の消費が気になるところでもあり、です。

自分の部屋に戻ると、ああ、やっぱりここが落ち着く。
部屋全体から感じる雰囲気がとても好きなこの部屋ですが、新しい部屋もお気に入りの空間にできますように・・・。

|

2007年11月 6日 (火)

電話で発注

下から、「ドスン」と突き上げる衝撃の後、グラグラグラと。
トラックがぶつかったような感じに、「今のはなんだ?」と顔を合わせましたが、地震。

珍しい揺れ方でした。

ふと時間が空いたので、「やらなきゃ」と思いつつ、ずっと放置していた用事を2つ片付けました。

やってしまえばあっという間。もっと早くに動いていればよかったのに・・・と思うのはいつものこと。段取り悪い。

紹介してもらって、DELLのパソコンを電話で発注。
送られてきたFAXを返信して、代金を振り込んで契約成立。

パソコンって、今まで量販店で買うのが普通だと思っていましたが、こういう頼み方ができれば楽です。

|

2007年11月 5日 (月)

ありのままの状況

正直なお話を聞いて、それならウチではお受けできないですね、というお返事をしました。

どうして??と問われ、「どう説明したらいいか分かりませんが、裁判所では・・・」という理屈をお話ししていたのですが、帰られてからもどうして?と考えていました。

でも、理屈ではなく、現実の話・正直な話が全てだから、でしょうか。
なので、ありのままの状況で法律の助けを受けれないというのなら、今の現実の状況に問題があるのだと思います。

その問題を改善しないまま、どうやったら裁判所で通るか?と考えてしまうから、おかしくなってしまうんでしょうね。

抽象的な話にしておきますが、いろんなことにも当てはまることだと思います。

|

2007年11月 4日 (日)

組織作り

今日は久しぶりに完全オフにして、昼間は遊びに出掛け、朝と夜は、ある組織論のセミナーのCDを聞きました。

これから売上を上げるためには?といった話もあった別のセミナーには、それは違うだろと感じましたが、今回のはなかなか良かったです。

組織を作る上で大事なことは、一般企業でも司法書士事務所でも変わらないことなんですね~。

ただ、こういうのは話を聞いただけで分かることではなくて、日々体験していることだからこそ、「あっ、そうなのか」という気付きがあり、なおかつ、聞いた話を元に試行錯誤をしていって、はじめて自分のものにできるのだと思います。

これからやるべき課題は多いです。

|

2007年11月 2日 (金)

他人の失敗

ご飯を食べに店に入り、メニューを眺めていると、店員さんに熱いお茶をまともにかけられました。

一瞬、何が起こったのか分かりませんでしたが、スーツの上からでなにより。

責任者呼んで来い!
クリーニング代支払え
食事代タダにしろ!?

奥様は、私が「クリーニング代払え」くらいは言うかと思ったらしいですが、まさか。

他人の失敗、どこまで許せるでしょうかね。
慌しい日常の中でも、「いいよいいよ」と思える心を持っておかないと。

ということで、「ああ、おいしかった」と、笑顔で店を後にしたのでした。

|

2007年11月 1日 (木)

NOVAの社長室から

NOVAの社長室がテレビで公開されて、いろいろと言われています。
でも、程度の差はあれ、潰す経営者にはありがちな姿なのかもしれません。

資金が回っている時に借金して、なお上の生活をしようとする。
で、借金を返せなくなると、「○○のために収入が減ったから」といった外的な要因を口にすることになるのですが、そもそもいい時に背伸びしてした借金を、経営状態が悪くなった時に返せるはずがないんですよね。

それは、事業者に限らず、個人の家庭であっても、同じことだと思います。

だから、「けしからん」という目で見るだけではなくて、「同じ過ちをしてないか?」と、自分を戒めてみるのもいいかもしれません。

|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »