« 消費者保護と負担 | トップページ | おつりの没収 »

2007年10月23日 (火)

共働きであっても

給料日を前に、家計費をいくらずつ出し合うか、夫婦で相談。
とりあえず、これだけと、これだけ?

事前に概算で家計表を作成し、ある程度の予想は立てていたものの、実際に生活をはじめた後も、毎月いくらの生活費が必要なのか、まだ分かりません。

恐ろしいことですね~。

ただ、いろいろな家計を拝見していて大事だと思うことは、例え共働きであっても、旦那だけの収入で生活できるようにしておくこと。

例えば、夫25万円、妻15万円で合計40万円の収入の家庭が、35万円の生活をする。最初のうちは全く問題ありませんが、子供ができたりして奥さんの収入が止まったらどうなるか。

一旦35万円の生活をしてしまうと、25万円の生活には戻せないんですね。

|

« 消費者保護と負担 | トップページ | おつりの没収 »

お金の話」カテゴリの記事

「NISA」や「iDeCo」に投資信託など(2021.03.27)
不動産の価格にコロナは関係なし?(2021.03.14)
「ヴェリテ三国ヶ丘」(2020.10.24)
「住宅ローン完済時年齢上昇」の記事(2020.10.05)
老後のお金を自分の思うように使えるか(2020.09.13)