« 危うきに近寄らず | トップページ | 無意識の印象 »

2007年10月28日 (日)

A先生、B先生と依頼者

ある人から聞いた話です。
A皮膚科に行ったところ、原因が虫刺されであると言われ、薬をもらった。
ところが、どうも信用できなくて、B皮膚科に行ったところ、原因はアレルギーだと言われ、また別の薬をもらった。

B先生に、「別の皮膚科では虫刺されと言われたけど」と伝えたところ、どこの皮膚科かだけを聞かれて、後はふーんといった感じだったそうです。

B先生は、A先生の考えについては何も言わず、自分の判断だけを伝えた。

患者側としたら、どちらを信じたらいいか分からず、不安になるところですが、そこでB先生がA先生のことを批判するようなことを言ったら、余計に大変なことになりますよね。

私の事務所にも、「他の先生にこう言われた」と言って、相談に来られることがあります。それを鵜呑みにして、ひどい話だ~みたいなことをブログに書いたこともありますが、でも、その先生がそう言われたのには、他にも何か事情があるのかもしれません(ということが、最近分かってきました)。

ひどい話だ~としきりに書かれているブログを見て違和感を感じるのですが、他人の人間関係には安易に介入すべきではないな、と思っています。

|

« 危うきに近寄らず | トップページ | 無意識の印象 »

司法書士の日常」カテゴリの記事