« 全ては自分次第 | トップページ | 返済を続けること »

2007年8月30日 (木)

1枚の診断書

ご家族に内緒、という前提での借金の相談は多いです。
ご家族同伴の相談であっても、「今まで隠していたけど、ついにばれてしまって」という例も多いです。

借金の存在を正直に打ち明けて、離婚になったケースも見てきましたが、「絶対離婚になる」という覚悟で話をされて、逆に家族の関係が良くなった、というケースも見させてもらっています。そんな時は、本当に良かったな~と思います。

今日、1枚の診断書を見せてもらいました。
「心療内科に行かれたほうがいいですよ」という、私の言葉に耳を傾けて下さったのですが、単に借金の整理をするだけではなくて、そうやって借金をするに至った原因を取り除こうと努力してもらって、なおかつ家族との関係も修復してもらって。

お手伝いさせてもらうからには、そうあって欲しいと願っています。

|

« 全ては自分次第 | トップページ | 返済を続けること »

司法書士の日常」カテゴリの記事