« 時間が止まっている | トップページ | 売る人が多ければ »

2007年8月15日 (水)

お客を感激させる親切

暑い中、金比羅さんの階段を登る勇気はなく、ことひら温泉「琴参閣」に宿泊後、電車で大歩危駅へ。駅前にご飯食べる所くらいあるだろう、という甘い期待は裏切られ、何もない。

「かずら橋」に行けばレストランがあるか、いくらで行けるかを、タクシーの運転手さんに尋ねてみると、片道3000円ちょっと。うーん…。

でも、周りの人を誘って乗れば安くなるよ。
4人ならバス代と変わらないし、なんなら声掛けてあげようかと、バスを待ってる人を誘ってくれた運転手さん。

「食べてる間はメーター止めとくから」と、途中レストランに連れて行ってくれ、一旦精算後、かずら橋でウロウロしてる間も待っててくれました。

帰り道は、頼んでない場所にも立ち寄ってくれたため、3500円。
おっちゃん商売うまい!と思った瞬間、「行きと同じ3100円でいいよ!」。

後で言われた分、余計にうれしい。
「親切」とはこういうものなのだと、旅先で教えてもらえたのでした。

|

« 時間が止まっている | トップページ | 売る人が多ければ »

プライベートな時間」カテゴリの記事