« 私にも分かりません | トップページ | まだ大丈夫 »

2007年7月 8日 (日)

保管期間経過

仕事を溜め込んでしまっているので、一日事務作業。
あっという間に日曜日が終わってしまうのは寂しいですが、これが現実。

「送りますよ」と連絡して、依頼者に送った免責決定書が、郵便局での保管期間経過で戻ってきました。これも現実。

他にも、「取りに行きます」と言われたので、そのままカウンターに立てられたままになっている免責決定書が2件。手渡ししても、「処分していいですか?」と聞かれることもあります。

最近は免責審尋がなくなったので、気持ちの中では、破産の開始決定が出た時点で終わってしまうのかもしれません。それから、もう1ヶ月半以上経っています。

先日、免責後しばらくしてから、取り立ての電話があったという話を紹介しました。

書類の問題よりも、免責決定が下りた意味については、理解しておいて欲しいもの。
あるところで「高金利だから払わなくていい」といった記述を見ましたが、決してそういうことではないと思いますよ。

|

« 私にも分かりません | トップページ | まだ大丈夫 »

司法書士の日常」カテゴリの記事