« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

今、確実なことでも

月末です。

予定していた仕事・来客と、経理の処理。
新しくいただいた明日申請予定の仕事。
それに、「今月払えない」という電話に対しての対応。

「今月払えません、というのはなしですよ」と、他の方の返済の打ち合わせをしている時に掛かって来るのは偶然でしょうか。

計画を立てる段階でも、返済中でも、「今はこうだけど、○○になれば払える」という話をされる方がおられますが、不確実な将来の出来事をあてにされる心理は、危険だと感じます。

今、確実なことであっても、少し先にはどうなるか分かりませんからね。
それを踏まえて生活していかないと、と思っています。

|

2007年7月30日 (月)

定食と単品

昨夕、調子に乗ってプリンパフェを食べてしまい、お腹の調子が悪い。
今日は、みんな定食を頼んでいるのに、私だけきつねうどん単品。

私の気まぐれで振り回す迷惑を自覚し、「月曜と金曜は食事付」という約束をしたので、「食欲がないので、今日は頼まない」とも言えず。

おかげさまで、2人とも遠慮なく頼んでくれる。
遠慮なく・・・。

土曜日、メールでご相談いただいた方、アドレスの間違いだと思います。
返信しましたが、エラーメッセージ戻ってきました。

|

2007年7月29日 (日)

静かな隠れ家

この土日は、有馬温泉の「欽山」に。

夏休み期間中ということで開放されていましたが、普段は小学生以下のお子様お断り。飲み物の自動販売機もありませんでした。老夫婦の姿も目に付き、「静かな隠れ家」といった感じでした。

すぐ近くなのに、山の中にすっぽりはまった感じを味わえる有馬には、何度行っても飽きません。

選挙番組では、20時の時点ですでに「自民大敗」の表示。
自民党はまずい。だからといって、野党もなぁ…と思っていましたが、ここまではっきりとした結果が出るとは思っていませんでした。

|

2007年7月27日 (金)

3年という時間

個人再生で返済中の方が、「返済金額を間違えた」とのことで、債権者に連絡。
ところが、FAXも電話もつながらなかったり、「今は清算中でその口座の管理はできていません」と言われたり。

3年の間、債権者側にも、経営統合や営業所の廃止等の動きがありますし、「3年間、収支に変動がない」という前提で通った再生計画であっても、債務者側の生活状況にも、いろいろと変化があるものです。

私の事務所でお手伝いさせてもらった方も、少しずつ完済の時期を迎えておられます。

「終わりました」と報告して下さる方もおられれば、中には、支払を滞って、途中で連絡が取れなくなった方もおられますが、債権者から契約書が戻ってくると、何とか返済されたのだと、ホッとします。

|

2007年7月26日 (木)

飽きられる前に

普段行かないスーパーに立ち寄ったので、とりあえずお菓子売り場に。
食べ物にも変化がないと飽きられようで、最近、冷蔵庫の上の食料の減りが少ない。

別にどうでもいいことですが、いろんな所で見られる一般的な現象の一つ。
それが、「食べる」という基本的な欲求の中で生じています。

でも、飽きられる前に、気付けるかどうか?

夕食に買って帰ろうと、刺身売り場に。
量が少ないのに高い。
もしくは、安くても質が悪い。

いずれしても、「割高」です。

|

2007年7月25日 (水)

理屈と感情

「朝一で気付いてもらえるように」と、伝達事項をノートパソコンの上に付箋で貼り付けておいたのですが、それに気付いてくれたのは夕方「片付けます~」と言って、ノートパソコンを閉める時。

全くの逆効果・・・。
こういうことは、他にもありそうな気がします。

さて、話は変わりますが、利息制限法への引き直し計算の結果に対し、依頼者に納得してもらえないことがあります。同じ時期に借りたA社は50万円の過払いなのに、B社はどうして10万円の過払いなのか?B社も50万円の過払いになるはずではないか?

そんな時、借入と返済の差額を見てもらうようにしています。

例えば、借入の合計額が100万円、返済の合計額が120万円の中で、50万円の過払いが生じることはありえないんですね。なぜなら・・・と、数字を見ながら理屈でご説明しようとしても、感情には勝れない部分もあるのかもしれませんが。

|

2007年7月24日 (火)

マンゴー他

今日は、海外から、マンゴー・マンゴスチン・ロンガンのお届け物。
ありがとうございます。

その場で3人でいただいて、残りは自宅の冷凍庫に。

ライチだと思って食べていたのが、ロンガンという果物だったようで、「どうやって食べるの?」と初物に不思議がっていたスタッフも感激でした。

もうすぐ、ココログのメンテナンスでログインできなくなるのですが、頭が回らず。

とりあえず、書き込みしてしまいます。

|

2007年7月23日 (月)

資金繰り・・・

うっとおしい天気が続く中、久しぶりの夏らしい日差し。

今日は東京に行く予定で、仕事の予定を空けていたのですが、昨日今日と仕事を休むことに不安を感じ、東京行きはキャンセル。その分、ゆっくり事務仕事をするつもりが、結局、一日バタバタと。

私がいなくても、どうってことはないのですが(いないほうが平和か?)、役割分担の中で、私のやるべきことが溜まってしまっています。

とうとう、あの業者が、過払いの返還を分割に。
10万円の話なんですけどね・・・。

|

2007年7月22日 (日)

何を学んでいくか

今日は、投信会社主催のセミナーに。

半分は仕事。半分はプライベート。
その境目がない分野です。

ただ単に、お金を増やすには?という話ではなくて、その過程で、何を考えて何を学んでいくのか?預貯金でも、個別株でも国債でもなくて、なぜ投資信託なのか?

「政府は、国民の社会保障にはもう構ってられないというメッセージを出している。だからこそ・・・」といった話もありましたが、「投資はお金持ちだけがすればいいものではないですよ」という話とも、ちゃんとつながっていました。

こういう価値観がもっと広がればいいのに、と思う話ばかりでした。

|

2007年7月21日 (土)

でんすけすいか

お客さんからのお届け物、「でんすけすいか」をいただきました。
外が黒っぽいのが特徴で、高級品です。

「わたしがつくりました」ということで、作られた方の顔写真も載っていました。
スーパーで売っているものには見えない部分を見せてもらえ、またそれが感激を大きくしてもらえた気がします。ありがとうございます。

携帯の機種変更に行ってきました。
エクセルのファイルを、「携帯に送って下さい」と言われ、「えっ?携帯で読めるんですか?」という反応をしてしまう私は遅れていることを自覚していたのですが、自分の携帯が「圏外」なのに、他の人の携帯がつながったりしていることも多くて。

「今は、携帯をローンで買う時代なんです」と説明されました。
からくりは何となく理解できましたが、機種変更の手数料は、一括で支払うよりも、分割で支払うほうが安くなるようになっています。

|

2007年7月20日 (金)

過払いと信用情報

「教えて」という質問に、「逆に知らないので教えて」と答えて、全て過払いで完結した依頼者の方と、その後信用情報がどうなるのか、調べています。

9月になれば、登録方法が変わる予定があるそうですが、今のところ「債務整理」もしくは「弁護士司法書士扱い」という表示に変わりはなく、「司法書士から電話を欲しいそうです」と言われ、私も業者に問い合わせてみましたが、過払いだからといって、それを消すことはないそうです。

「過払金の取り戻しは正当な権利なのに、ブラックにするのはおかしい」という意見もあれば、だからといって、またすぐに借りることができるとすれば、それはどうなの?と思います。

過払金を取り返して、借金が無くなったとしても、それで経済的な問題が解決すればいいですが、必ずしもそういうわけにはいかず、借りれないから借りないだけで、またすぐに借りたい方(借りないと生活が維持できないということも含めて)がおられるのも現実です。

|

2007年7月19日 (木)

きれいな言葉

毎日のようにある広告の勧誘。

いつもは何も聞かずに断るはずなのに、今日は「健全な青少年育成のためのキャンペーンと言ってます」と言って、私に確認を求めるのはどうして?

私が、「それなら協力しよう」とでも言うかな?

きれいな言葉に、ついつい乗りかかってしまいそうになったわけですが、聞こえのいい言葉には気を付けよう、です。逆に疑って掛かるほうがいいかもしれません。

選挙を前にして、各政党の言っていることを聞いていても、よく思うことです。
本当に信用できるのはどういう人か?

少なくとも、都合のいいことばかり言っている人ではない、と私は思っていますが・・・。

|

2007年7月18日 (水)

八つ当たり

ついこないだまで、分割の場合であっても、元金のみの返済で応じてくれていたカード会社が、一括でも「利息を上乗せしないと和解できない」と言ってきました。

「他の司法書士に、過払利息まで払えと言われてね。こっちもやってられないですよ!」

それをこっちに八つ当たりされても・・・と思いますが、法的な話に徹すると、こちらに有利になることもあれば、不利になることもあるということ。

「過払金だけ取り戻して、返済が残ったら分割で」と言われる方もおられますが、権利と義務は表裏の関係。

この件に限らず、権利だけを主張して生きていければ楽ですが、人と人の間に入る立場にいる者として、どうバランスを取っていくか。悩むこともたくさんあります。

|

2007年7月17日 (火)

ペナルティ

今回の台風通過中とその後も、私が住んでいる場所は大して雨が降らなかったのですが、今日、大和川の濁流を見て、相当な水位に達していたことを知りました。

夕方は研修に。
去年の研修単位不足で呼び出されたのですが、ものすごい人数です。
呼び出されると真面目に来てしまうのも微妙な心理。

いや、普段の研修に真面目に顔を出すことにしましょう。

突然、「あなたに会えてよかったよ」と肩を叩かれました。
甘えたことを言わず、もっと働かなくては、という思いになりました。

|

2007年7月16日 (月)

偶然か必然か

5番バッターに対し、2軍から上がったばかりの選手を代打を送った原監督。
現役時代の晩年、左の代打を送られて、寂しそうにベンチに引き上げる原監督の姿を思い出しました。どうしてか、そのシーンが頭に焼き付いています。

きっと、私の中には、「してはいけないこと」としてインプットされているのだと思います。

人を雇わせてもらえるようになった今。
自分は、従業員に対して、勤めていた時の経験を生かした接し方ができているだろうか?ふとそんなことを考えました。

偶然は、普段の過ごし方の中から生まれるもので、実は必然だったりします。
だから、自分の方針をはっきりさせて、その軸からできるだけぶれないようにします。

でも、偶然を期待してバタバタ動いても、偶然の力は決して助けてはくれません。

そう考えている私にとって、一年を通して試合に出続けている中心選手への代打は、ただ単に偶然を期待しているものとしか思えませんでした。

|

2007年7月14日 (土)

台風接近中

7月にしては「最強」らしい台風が接近中です。
楽しみにしていた行事も延期になってしまって、残念。

大阪も進路に引っかかっていますが、夜中に接近というのは気持ちが悪い。
いつも、朝起きたらどこかに行っていた、というパターンですが、今回は・・・。

ところで、何人かのお客さんからも指摘されたことですが、近所のコインパーキングが潰されています。どうも何かが建つようですが、一番便利な場所にあったので、ご不便を掛けることになりそうです。

他のパーキングは、黄色い建物の湯川家具の裏。
すぐ南側の路地を入ったところか、中環沿いの郵便局の横。
駅のロータリーの中にもありますが止めにくいので、その2つを使っていただければと思います。

|

2007年7月13日 (金)

選択のポイント

今日のネタがないので、昨日、家族が眼科を探していた時の話です。
木曜日なので、近くの眼科は休み。

そこで、私の頭に浮かんだのは、タウンページ。
インターネットで直接検索するのではなく、タウンページでした。

タウンページを見て、選択のポイントになったのは、近所でなくても駅前のところ。
なおかつ、ホームページアドレスが書かれてあるところ。
さらに、ホームページに、執務室内の写真や、先生の顔写真が載っているところ。
先生の年齢は、大学の卒業年度から計算しました。

普段は、たくさんある事務所の中から探して来てもらっている立場ですが、こうやってたどりつくのか・・・というのを体験できました。

|

2007年7月12日 (木)

自動音声に

朝早かった私は難を逃れましたが、「踏み切りが開きません・・・」とメールが入った時には、これ程の大事になるとは思わず、「動くまで待ってていいよ」と気軽に返事していました。

結局、1人は車で、1人は別経路の電車で出勤。
私に出掛ける用事があったため、2時間近く事務所を無人にしてしまいましたが、阪和線はまだ全線で止まったままのようで、電車のありがた味を感じます。

さて、事務所の電話、今までは休みの日も含めて一日中鳴る状態でしたが、営業時間外は自動音声が流れるように準備を進めています。

前々からそうすれば?という意見があったのですが、冷たいんじゃないか?という気もして、なかなか踏み切れず。でも、そうも言っておれない状況なので。

|

2007年7月11日 (水)

頭の体操

お客さんとご飯を食べながら、仕事の話5分。雑談1時半。

雑談と言っても、ある意味どこかで仕事とつながっていることであり、プライベートで大事なことでもあり、自分の知らない業界の話を聞かせてもらえるのは、ありがたいことです。

お客さんの方も、私が何気なく発した言葉から、「これで新しい仕事見付けた!」と言って下さり、それが仕事として成り立つかどうかは別として、お互いに頭の体操です。

頭の体操と言えば、最近、消費者金融の業界側にいる方のブログを見付け、楽しみに読んでいます。

それは違うでしょ、と思うこともあれば、やっぱりそうなんだな、と思うこともあります。
反対側の視点を知っておいても、きっと損にはならないだろうと思っています。

|

2007年7月10日 (火)

優先順位の付け方

明後日必要な書類は、明日作成。
明日必要な書類も、明日確認。

うーん、やばい。

外から帰ってくると、「○○さんの○○が・・・」
それは金曜日すればいいことなので、「そんなことどうでもいい」と冷たい一言を発してしまいます。

「○○さんの○○できてる?」
「いえ、まだなので明日します」

それは今日やってしまうほうがいいので、「自分でやるよ」と、5分でやってしまいます。

優先順位の付け方って、難しい。

「今やれること」は山ほどあります。
でも、優先順位の付け方次第で、結果は全く違ってくるものだと思っています。

|

2007年7月 9日 (月)

まだ大丈夫

出掛けようとしたところに、別の用事。

でも、まだ大丈夫。
もう一本後の電車で・・・と事務所で粘っていると、約束の時間に遅れて、走ってお客さんの所に着いた時には汗だく。失礼なお話です。

逆算すれば間に合わないことくらい分かるのに、もうちょっと大丈夫・・・と考えてしまう心理とは?

時々、「道が混んでいて・・・」と言いたくなって、その言葉を飲み込みます。
それぐらい見越して早目に出てこいよ、と思うもう一人の自分、です。

|

2007年7月 8日 (日)

保管期間経過

仕事を溜め込んでしまっているので、一日事務作業。
あっという間に日曜日が終わってしまうのは寂しいですが、これが現実。

「送りますよ」と連絡して、依頼者に送った免責決定書が、郵便局での保管期間経過で戻ってきました。これも現実。

他にも、「取りに行きます」と言われたので、そのままカウンターに立てられたままになっている免責決定書が2件。手渡ししても、「処分していいですか?」と聞かれることもあります。

最近は免責審尋がなくなったので、気持ちの中では、破産の開始決定が出た時点で終わってしまうのかもしれません。それから、もう1ヶ月半以上経っています。

先日、免責後しばらくしてから、取り立ての電話があったという話を紹介しました。

書類の問題よりも、免責決定が下りた意味については、理解しておいて欲しいもの。
あるところで「高金利だから払わなくていい」といった記述を見ましたが、決してそういうことではないと思いますよ。

|

2007年7月 6日 (金)

私にも分かりません

今週は、会社の登記の仕事が続きます。
皆さんつながりはないはずなのに、同時期に声を掛けて下さるのは不思議。

昼は、はじめて王将の弁当を。
餃子やレバニラ炒めの匂いが充満し、午後からのお客さんには???と思われたことでしょう。

週末なので、一気にまとめてしまおうと、任意整理の和解の申入れ。
ある業者、担当者からOKが出ているのに、和解書がなかなか届かないのでどうして?と電話を入れると、「稟議が通りませんでした」と。

稟議が通らない理由は何ですか?
私にも分かりません・・・。

大手の業者さんにそんなことを言われはじめると、この先が思いやられます。

|

2007年7月 5日 (木)

現実逃避の世界

昼、ちょっと休みに帰宅。
携帯の音を消して、テレビを見ながらウトウトしていると、幸せ。

約束の時間が来てしまったので、「これから戻ります」と事務所にメールを入れると、「もういいんですか?」。

その一言に、「じゃあ、もうちょっと」と、もう一度家に帰りそうになりました。
めったにこんなことはしませんが、現実逃避の世界です。

でも、あまり風邪を引いたり、熱を出したりしないのは、自分のペースで生活できているからではないか?と勝手なことを考えています。同じ時間を労働に使うにしても、誰かの拘束の元に働いているのか、自分の好きなように働けるのかで、体の負担、精神的な負担は全然違ってきます。

その分、結果に責任を持つのは当然の立場にいるわけですが、体が休めと言ってくれている時には気を付けることにしましょう。

|

2007年7月 4日 (水)

流れ

野球を見ていると、解説者が「流れを止める薬があれば欲しいですよ」と。
それだけ、一旦、悪い方向に向いてしまった流れはなかなか変わらない、ということ。

今日は、午後からずっと外出。
「電話は?」
「今日は静かでした」

日によって、電話が鳴り続ける日もあれば、ほとんど鳴らない日もあります。
バタバタしているのは、人が足らない日よりも、逆に3人が揃って事務所に居る日だったりします。

幸いにも、いい流れの中で過ごさせてもらっていますが、仕事の流れって不思議だなと思うことがよくあります。

|

2007年7月 3日 (火)

予定を組むこと

今日は、午前中外で打ち合わせの後、午後から来客7件。

そんな感じの毎日で、書類の受け渡しだけとかであれば大丈夫ですが、「今日空いてますか?」というのはできるだけ避けていただければ・・・。

これは、私から依頼者の方への勝手なお願いです。

「書類をお渡しするだけでよければ」と、スタッフが予定を入れてしまったりしますが、受け取るだけでいいかどうかは、依頼者の方には判断できないことです。

結局、来客がかぶってしまって、申し訳ない思いをしていますので、予定はできるだけ事前に組ませてもらうようにしています。

|

2007年7月 2日 (月)

事務所開業5周年

「5周年ですね」と人に言われて、記念日なのにすっかり意識から飛んでしまっていました。

昨日で事務所開業5周年。
6年目に入りました。

その時その時は大変なことであったとしても、今となっては大した問題もなく。
痛い目に遭っても、今となってはあの出来事がきっかけでいい方向に進んだのだと思えたり。それもこれも周りの人に助けられて、何とか進んでこれたと思っています。

たまの節目には、こうやって過去のことも少しだけ振り返ってみることにしましょう。
初心を忘れないように。
それと、これからのために。

でも、何年か経った時、昨日からはじまったこの1週間の迷いは、どう感じることでしょうか?

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »