« 行動経済学 | トップページ | スケジュールの管理 »

2007年6月16日 (土)

残った分で生活する

最近、2つの投資信託の定期購入を申し込みました。
すでに始めている1件も含め、運営者の考え方、方針も理解して、「ここなら大丈夫」と自分で思えるところ。

毎月、口座から勝手に引落しされていきますので、必然的に、定期購入分を除いて生活していくことになります。

「生活費に使って、残ったら貯蓄しよう」ではなくて、「まず貯蓄に回して、残った分で生活する」。

それで生活費が足りなくなってカードローンに手を出す、というのでは本末転倒ですが、最初は強制でもそのうち習慣になり、気がついたら貯まっている。

それが理想ですね。

生活レベルの設定は、自分次第。
趣旨は少し違ってきますが、投資信託でなくても、定期積立は、銀行の口座を使って気軽にはじめることができます。

|

« 行動経済学 | トップページ | スケジュールの管理 »

お金の話」カテゴリの記事

「NISA」や「iDeCo」に投資信託など(2021.03.27)
不動産の価格にコロナは関係なし?(2021.03.14)
「ヴェリテ三国ヶ丘」(2020.10.24)
「住宅ローン完済時年齢上昇」の記事(2020.10.05)
老後のお金を自分の思うように使えるか(2020.09.13)