« 価格競争と下請業者 | トップページ | 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 »

2007年5月 2日 (水)

生計を立てることを考える

「早く~」と言われて、過払い金をお返しする。
「命が救われました」と言ってもらえると、いい事をしたような気になりますが、これは司法書士の仕事。でも、私はその後のことがとても心配です。

スタッフが、年金払積立傷害保険ってどうなの?と言っているので、「勉強のために請求してみれば」と、とりあえず資料請求。この仕事をしていると、自分が働けなくなる年齢になった時のことを考えておくことの大切さが、よくわかります。

国民年金だけじゃ生活できない。
でも、それは今から分かっていることなんですね。

確定拠出年金も勉強してみようと資料を取り寄せてみたものの、机の横に積まれたまま。

お客さんから手数料をいただいて生計を立てている自分なのに、お金を預けて手数料を取られるとなると、「もったいない」という気持ちになるのはどうして?

※その後、私自身、確定拠出年金(イデコ)は契約し、実践しています。

|

« 価格競争と下請業者 | トップページ | 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 »

お金の話」カテゴリの記事