« 正論 | トップページ | 東京見物 »

2007年5月26日 (土)

ひとつの現実

「安くしておいて下さいよ!」
仲介の不動産屋さんから露骨に言われたりします。

いちいち反発してた時もありましたが、会ったこともない司法書士に費用を払う売主さんの気持ちを思うと、まあいいか、と。今回限りだし。

やっぱり、見積書や請求書を渡す時は、お客さんの顔を直接見てお渡ししたいですね。

先日は、「うちにも司法書士いてるんですけどね」と、その事務所さんの名前まで言われました。そこは、「かなり安い」と。

そういう形で名前を広げられるのは、私なら迷惑だよなぁと思いつつ、司法書士の業界のひとつの現実を見た瞬間でもありました。

|

« 正論 | トップページ | 東京見物 »

司法書士という仕事」カテゴリの記事

堺市内の司法書士分布事情(2021.04.17)
結局は本業に専念するのが一番強い(2021.04.11)
左側が司法書士の報酬・右側が実費(2020.11.17)
「週休2日」は目標にならない(2020.09.12)
勉強だけでも仕事だけでもダメ(2020.09.06)