« 電話の相手も今何かをしている | トップページ | ホテル中の島 »

2007年4月28日 (土)

リッツカールトンや帝国ホテルと

先日、「リッツ・カールトンの特集が出ていた」と、家族が週刊ダイヤモンドを買って来ました。リッツの考え方を取り入れられている歯医者さんも紹介されています。

司法書士事務所だって応用を利かせることができるはずと思いつつ、現場の作業に埋没してしまうと、なかなかそちらには思考が向かいません。

私自身が変わることに加えて、従業員にも身に付けてもらわないと意味がない。
常日頃、「こんなことしてたらダメだ」「これって間違ってるよな」と思うこともよくあるのですが、現実はなかなか・・・です。

「帝国ホテル王道のサービス」(国友隆一著)もよかったです。
職務上の「サービス」に限らず、人として大事なことを伝えてもらっているような気がします。

|

« 電話の相手も今何かをしている | トップページ | ホテル中の島 »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)