« 話をしやすいこと | トップページ | 権利とリスク »

2007年2月24日 (土)

給料以上に

先日、司法書士仲間とおでんを食べに。

狭い座敷の間を行ったり来たりする接客係のお姉さん。
「この子すごいなぁ・・・」と思って動きを追っていると、隣にいた先生も、「あの子よく働くなぁ」「あの子だけで、きっとこの店の7割の売上をあげてる」。

あの動きや愛想の良さは、仕事だからとか、教育されたからというのではなくて、多分その人が持っている性格。財産。

のんびり働いても給料は同じ。
でも、給料以上に働く。
雇う側は、見てないフリをしながらもそれに気付いていて、何とかそれに見合うような環境、待遇を用意しようとする。そういう関係がないと、きっといい組織は作れない。

昨日、議員さんの街頭演説で、「働く人は1万円の昇給でもうれしい。でも、上がらない。会社の内部留保を崩せば、1万円位上げてやれるじゃないか」と言ってる部分が耳に入りましたが、それを判断するのは経営者なんだけどなぁ・・・と。

|

« 話をしやすいこと | トップページ | 権利とリスク »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)