« 給料以上に | トップページ | 反対から見た姿 »

2007年2月25日 (日)

権利とリスク

昨日の続きになりますが、ある時冗談半分で、「給料を売上連動制にしようか?」とスタッフに言ったことがあります。「いいですね」という返事が返ってきます。でも、現実にはできません。

理由は、給料を上げるのが嫌・・・ではなくて、その逆。
いい時も悪い時も、安定した給料を出すのが雇い主の役目で、悪いからといって下げれるかというと、それはできない。極端な話、ある年は年収800万円で次の年には200万円、ということはできないんですね。

そういうリスクを負うのは、雇い主だけで充分。

労働者を守ろうとするために、なんでもかんでも会社に負担を押し付けようとしても、きっといい方向には行かないんじゃないでしょうかね。会社員側にリスクを負わすことができない以上。

素人考えなので、間違っているかもしれませんが。

|

« 給料以上に | トップページ | 反対から見た姿 »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)