« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

メリットよりもデメリット

ポカポカ陽気の中、今日は一日外回り。
途中、片道1時間掛けて、依頼者の家まで打合せに出向いてきました。

信頼関係は大事。
同じハプニングが起きたとき、元々信頼関係を築けていれば何も問題が起こらないことでも、そうでなければまともに怒りをぶつけられることがあります。

だから、同じ結果になったとしても、そこに至るプロセス次第で、依頼者の満足度は全然違ってくるものなのではないか、と。

特に、相手方や裁判官の存在がある裁判関係の仕事は、こうすればこうなると決め付けることはできませんし、メリットよりもデメリット。

依頼者の意見にそのまま同調することよりも、「反対側から考えたら・・・とも言えますよ」「裁判所の考え方はそうではないんですよ」と、あえて都合の悪い部分を先に伝えておいてあげることも大切だと思っています。

そのことで、「他所に頼もう」と思われたら、それはそれでお互いのためです。

|

2007年1月30日 (火)

車を手放すこと

無事に7件の予定が完了です。
今月は、実質の営業日が普段の2/3程しかありませんでしたが、債務整理は今までにない程の数を受けさせてもらいました。登記の仕事も含めると、ウチのような零細事務所には、ギリギリのところです。

ところで、最近、「車を手放すことを考えられたほうがいいのでは?」と、債務整理の相談者にお話しをする機会が多いです。

破産をするのに時価20万円以上の車がある場合、車のローンを除外して任意整理をする場合、と、その背景はいろいろですが、でも、私がそう言うと、「それも一つの方法」と受け取られることよりも、どちらかというと「え?」という顔をされることが多いです。

もちろん、「それが当然」と受け取って下さる方もおられます。

どうするかは、その方の判断なので、それ以上の押し付けはしませんが、「生活が苦しい」のであれば、削れる所を削って生活費を節約するのが当たり前。

そういう思考回路が働く方なのかどうかは、いろいろとお話をしていると、こちらにはよく伝わってきます。

|

2007年1月29日 (月)

お約束・・・

大変ありがたいことに、面識のない先生から、本になったブログを購入させて欲しいというご連絡をいただきました。ただ、製作料が基本840円と1ページ8円かかるので、結構高くなってしまうんですよね・・・。

なので、原稿を圧縮(日付毎の改ページをなしに)して、どれだけのページになるのか、再度見積りしてもらうことに。もし、もらって下さる方がおられたら、まとめて作りますので・・・。

でも、いつか原稿を組み直して、普通の本にしてみたいですね。

今日は、6件の来客。
明日は、7件のアポが入っています。

なかなかお約束をさせてもらうことができず、依頼者の方には申し訳ない毎日です。

|

2007年1月28日 (日)

ファイナンシャル・リテラシー

「なぜ投資のプロはサルに負けるのか?」(藤沢数希著 ダイヤモンド社)

私の頭では、どこまで正しいのかを判断することはできませんが、モノの見方という部分で、共感できる部分が多かったです。

クレジットカード、車、生命保険、住宅ローン、教育、競馬に宝くじ。
まさしくそれが正論、といった感じ。

インデックスファンドが有利であると言える理屈。
誰がそのコストを負担してくれているのか?という理由付けも、辻褄は合っています。

ただ、そういった個別の問題に限らず、お金に関する知識を蓄えておかないと、どんどんお金を吸い取られるよ、と。社会はそういう仕組みになってしまっているんですね。

だから、筆者の書いているように、「日本政府はファイナンシャル・リテラシーを義務教育から意図的に排除しているのかもしれません」(以上引用です)というのは一理あって、前にも書いたことがあると思いますが、きっと国民に気付かれたら困ることはたくさんあって、それを分からないようにしているのが国家のひとつの姿。

でも、できるだけ気付けるように、勉強していきたいものです。

|

2007年1月27日 (土)

本になったブログ

P1010008
本になったブログが届きました。

(1)が平成16年9月6日~平成17年12月31日まで425ページ。
(2)が平成18年1月1日~平成18年12月31日まで336ページ。

自分で書いたはずの文章なのに、パソコンの画面で見たり、プリントアウトしたものを読むのとは全く違って、外から自分の中に入ってきます。何とも言えない不思議な感じです。

改めて、よくもまあ毎日これだけの出来事があるもんだと思いますが、それでも日常のごく一部分です。いろいろと考えることができる環境で、仕事をさせてもらえることを幸せに感じながら、毎日コツコツと。

これからも続けていきます。

|

2007年1月26日 (金)

金曜日の夜

さあ片付けようと思ったら、19時にお約束していたとのことで来客。
でもどうしても約束した記憶がないし、メールの記録からも探せなかったので、どこかの事務所と間違われているのでは・・・と。

まあいいかと、お話を聞いて、お仕事をお受けしましたが、人との出会いって不思議なものです。

金曜日の夜は、基本的にはアポを入れないようにしています。
今週もやっと終わった・・・という感覚を味わえる時間が好きなので、事務員にも「早く片付けて」と言って半強制的に帰ってもらうのですが、ついつい「もうちょっとだけ」となってしまいます。

事務所の中、かなりやばい状態になってきました。
次に新しい予定を入れれるのは、2月5日(月)です。
なので、相談を申し込んで下さる方には、ごめんなさいをお伝えしています。

|

2007年1月25日 (木)

快速の停車駅

今日は、遠方ばかり4ヶ所に登記の申請。
助っ人をお願いしようかと迷いつつも、段取りをやり繰りして、何とかなりました。

特に登記申請に出る時は、万が一の渋滞が恐いので電車を使うようにしていますが、今週は各停しか止まらない駅にばかり出向いていて、時間のロスを感じてイライラです。

家賃が多少高くつくとしても、快速(急行)が止まる駅で生活することのメリットは、結構大きいのかもしれませんね。

あと、事務所でも自宅でも、駅前で生活することの便利さがわかると、駅前からは離れられなくなります。私自身、そういう環境に身を置いてみて、はじめて気付いたことでした。

|

2007年1月24日 (水)

自分に対する投資

ローヤルゼリーとプロポリスの効果を聞いて、試しに注文してしまいました。

最近、冗談半分ですが、「定期的に来てくれるマッサージ師さんと契約しようか?」とか、周りに言ったりしています。

体をほぐしてもらうと、精神的にも落ち着きます。
もちろんコストが掛かってしまいますが、そこでお金を使うことで、毎日体調のいい状態を保てるのであれば、決してマイナスにはならないのではないか?と。

スポーツ選手ではないので、そこまでして仕事をする必要はないのですが、「しんどい」「疲れた」と感じて過ごす時間ほど、効率の悪いものはありません。

「投資」というと、株とか金融商品のことが頭に浮かぶものですが、私がいつも考えるのは、ここでお金を動かすことが、自分にとって将来プラスになるのかどうか。

マッサージは極端な例かもしれませんが、「自分に対してどんな投資をするのか」で、長い目で見ると、全く結果は違ってくると思うのです。

|

2007年1月23日 (火)

FAXの使い方

取引前の抹消書類の閲覧に、昨日今日とあたふた。
少し前は、どこの銀行も何も言わずにFAXしてくれていたものですが、今となってみれば、そちらのほうがおかしかったのかも?とも思います。

その度に事前に足を運ぶのは、何とも言えない労力ですが、当日、無事に済ますためであれば全然構わないと、割り切るようにはしています。

貸金業者を見ていると、会社によって、FAXの使い方が様々であることがわかります。
早くから「FAXの送信は社内で禁止されています」で統一している業者もあり、他の事務所と間違って、他の人の履歴をFAXしてくる業者もあり。

いずれにしても、社内のルールが統一されている会社かどうかというのは、傍から見ているとよく分かります。

|

2007年1月22日 (月)

新しいスーツ

何も考えず、新しいスーツを着ていたら、「糸がついたままです~」と他の事務所の事務員さんに言われ、あー恥ずかしい。「ハサミを持って来ますから」の一言に、逃げ出したくなりつつ、固まって動けませんでした。

予定を入れる権限は渡していますので、外を歩いていても、「○日○時に○○さん予約」というメールが事務所から飛んできます。

「もう今週は止めとこう」と事務所に電話を入れる私。
新しい相談を受けるのはいいけど、その先が・・・。

これさえ乗り切れば、これさえ乗り切れば。
でも、いくら乗り越えようとしても、また新しい山が続きます。

ところが、やっと乗り越えたと思ったら、底のない沼だったりするわけですね・・・。

無理のないよう、一つずつ解決させていきましょう。

|

2007年1月20日 (土)

ささやかな楽しみ

今日は、ふと思いついて、スーパーで鳥ミンチと鯵を1匹購入。
ネギと味噌と卵とからめて、鍋に入れるためのつみれを2種類作りました。
メインディッシュが300円程度で作れるのですから、安いものです。

料理を作れるくらいの気持ちの余裕は持っておかないと、と思っています。

いつからか、頂き物の炭酸ガスの入浴剤(バブ・バスキング)にはまってしまい、毎日違った色、匂いの入浴剤を楽しんでいます。自分で買った缶に入った安い粉末の入浴剤は、長いこと放置されたまま。

家でくつろげる僅かな時間です。
科学的な効果は意識していませんが、いい香りだけでも気持ちが落ち着きます。
毎日のささやかな楽しみにさせてもらっています。

|

2007年1月19日 (金)

選択肢を探ること

自己破産なのか個人再生なのか、長時間の打合せ。
疑問を投げかけてもらえると、いくらでもお話は続きます。

でも、そうやって選択肢を探ることは、何事においても大切だと思います。

いかにして、ご本人に適切な判断をしてもらえる材料を提供できるか。
私の大事な役目の一つです。

最近、私自身気を付けようと思っているのは、過払いが出たことで、本来考えるべきことと違った方向に進んでしまうのは避けよう、と。過払金を取り返すことは大事ですが、それはあくまでも一時的なお金。それ自体を目的としてしまうといけないと思うのです。

過払いが出るなら整理するけど、出ないならしない。
もしくは、過払いが出そうな分だけ整理して、他はしない。

時々、そんな趣旨の相談もあって、それってどうなんだろう?と首をかしげてしまいます。

|

2007年1月18日 (木)

上司と部下の関係

昨日のブログを書いた後に思ったことですが、自分のミスに気付いた時に、上司に相談や報告ができる環境にあるかどうか。

組織を作る中で、結構大きい問題のような気がします。

でも、その環境を作れるかどうかは、きっと上に立つ人次第。
無理して作れるものではなくて、何気ない日常の中で差がつきます。

「上にバレたらマズイ」という心理が働けば、隠します。
でも、それじゃダメなんですよね。

「なんでそんな大事なことを言わないんだ!」と怒ったとしても、言えなくしているのは、その上司自身かもしれません。

私自身、過去に教えていただいたこと。
いい上司っていうのは、外部に対しては、ミスした部下の代わりに謝ってあげて、ミスした本人に対しては、「気にするなよ」で終わらせてあげるものなんだよ、と。

もちろん、その職場によっても正解は違ってくるでしょうし、間違ったことに対しては怒ってあげることも大切。でも、その怒り方もなかなか難しくて、奥が深いものです。

|

2007年1月17日 (水)

ノルマ

ケーキを買って事務所に戻ろうと、いつもの店に寄ったら、やっぱり不二家でした。
安くておいしくて、勤めていた時は、給料日には必ずケーキを買って家に帰っていたのですが、その頃から好きな店でした。早い復活を願いたいです。

真面目にしているつもりでも、ちょっとした気持ちの緩みが大事故になる。
「これくらいいいだろう」という甘えた判断をしてしまうことは、私自身、ないと言い切ることはできません。気を付けましょう。

夜、お世話になっている方が営業に。
「いいです」「興味ないです」と言いつつ、「もしかしてノルマあります?」と気付く私。
それならそうと先に言っていただけたら。

でも、こういう時に、お助けしようと思えるかどうかは、普段のお付き合い次第ですね。

|

2007年1月16日 (火)

カードで投資信託

今日はココログのメンテナンスということで、また書き込みの画面にログインできなくなります。なので、朝から書き込みです。

前回の長時間のメンテの際、多分相当な抗議があったのだと思いますが、今回は何度かメールで知らせて来ました。

一日一日、いろんな出来事があって、夕方になるとブログに書くことが頭に浮かぶのですが、朝に書こうと思うとなかなかネタがないなぁ・・・と思っていたら、今朝の日経新聞でカード会社が投資信託の販売をはじめる、という記事が載っていました。

メリットがある内容だと思いますが、カード決済もできるようになるとのことですので、その結末は何となく予測できるような気がします。

近所の金融機関でも、「投資信託販売中」というノボリが立っていますが、「販売」という表現に、違和感を感じてしまう私です。

|

2007年1月15日 (月)

資金繰り?

11月末が支払期日だった過払い金が、やっと返金されました。
その時にも書いていたように、たまたま遅れただけだと思っていたら、「担当者が書類を持ったまま辞めてしまった」とか、「書類が見当たらないからもう一回送って」とか、信じられない対応続き。

でも、ホントのところは、資金繰りが苦しいんじゃないか・・・と、そんなことも感じます。

先日もある業者からの履歴の開示がないので電話したら、留守番だと言う人が「うちは倒産しました!」。もちろん、小さな業者ですけど。登記簿謄本取ったら、さっさと清算結了している業者もありました。

いずれにしても、対貸金業者という場面に限らず、「相手を潰してしまえ」という思想で進んでしまうのは、危険なことだと思っています。

今日は、不動産取引の打合せ。
書類だけ預るのではなくて、金消の現場から見せてもらえると、とても安心です。

|

2007年1月13日 (土)

休日の電話

朝からマッサージ行って、事務所で仕事。
昼寝に帰宅して、また事務所で仕事。
夕食食べに出掛けて、また事務所で仕事。

休みの日は、自分の気の向くままに動けますので、快適です。

休日でも事務所の電話に着信が残っています。
でも、土日祝日はお休みいただいています。
事務所に居たとしも出ないことにしていますので・・・すいません。

何とも自分勝手な話であることは分かっているのですが、できるだけマイペースでマイペースで進んでいかないと、休みの日にまで接客していると、事務仕事がたまっていくばかりなので。

そのかわり、対外的には休日と営業時間を明示するようにしています。

ニーズは理解しているのですが、とりあえず自分のできる範囲で、きっちりと仕事をさせていただこうと思っています。

|

2007年1月12日 (金)

見たくない現実

昨日のNHK「プロフェッショナル」は、企業再生を請け負う弁護士さんの話。
数字を読み込んでおられる先生を見て、「ちゃんと帳面があるんだ」と、変なところで関心してしまいました。

まず、帳面はないですからね。
私が相談を受けさせてもらう個人事業者の方には。
でも、まずは基本から・・・です。

「甘いよ!」と依頼者を怒っておられる先生を見て、「すごい!」と思ったのですが、できそうでなかなかできないこと。

まずは原因を見つめなおして、問題があればそれを取り除いて。
個人の家計であっても、そこからスタートしなければならないのは、全く同じこと。

見たくない現実ですけど、それをすっ飛ばして解決しようとしても、きっとうまくはいきません。と書きつつ、私にも見ようとしていない現実がありそうな気がするなぁ・・・と考えるのでした。

|

2007年1月11日 (木)

ブログを本にする

ココログ出版のサービスを使って、ブログを本にしてみることにしました。
といっても、どこかで売るわけでもなくて(売っても誰も買わない)、せめて周りの人に配るくらいなので、自己満足の世界ですが。

でも、少しずつ書き留めてきたことが一つの形になるのは、いい記念になります。
一気に書けと言われても書けるものではありませんし、読むだけでも相当な時間が掛かります。

「こんなこと書くんじゃなかった・・・」と思うようなこともたくさん書いていて、後になって読んでみると恥かしい思いをするのですが、自分で「ああ、この考え方は間違っていたな」と気付いたりするものです。毎年、一冊ずつ作っていければと思っています。

今日は、新しい相談が4件。
時間が取れなくてお断りさせてもらった方には、申し訳ないです。

いつも、少なくとも前日の夜には、次の日の予定を見越して段取りを組んでいるのですが、それ以上のことはできない状態です。

|

2007年1月10日 (水)

プライベートと仕事の区切り

最近、よく感じることなのですが、「ここまでがプライベート用」「ここからが仕事用」という区切りが、なくなってきているように思います。

常に頭の中にある、「自分の生活を良くしていこう」「自分の事務所を良くしていこう」という意識は=依頼者にどんなアドバイスをすればいいのか、ということにもつながります。アドバイスの引き出しはできるだけ多く蓄えておいて、使う使わないは、その時に判断すればいいでしょう。

でも、自分が知らなかったら、自分が経験していなかったら、アドバイスしたくても何も言えません。

だから、自分のために勉強したことを仕事に生かして。
逆に、仕事から学んだことを自分に生かして。

今の自分は、その繰り返しなのだと思います。
まだまだ分からないことだらけですが、対価をいただきながら学んでいけるのですから、とても幸せなことです。

|

2007年1月 9日 (火)

今年の願い

今日から本格的に始動。
新しい相談も受けて、みんな一斉に動き出すのか、今後の予定もどんどん埋まって、もう今週はいっぱいです。

夜は、「なんで縁起を担ぐのか・・・」と言いながらも、堺戎に。
去年も同じことを書いていましたが、1年間みんなが健康で仕事をできるように。
それが何よりの願いです。

「商売繁盛」と言うと怒られますが、自分ができる範囲で、仕事にも恵まれるように。
依頼者に対してきちんとしたサービスを提供するためにも、経営の安定は大切です。

年末には、また「いい年だったな」と思えるように、毎日を過ごしていきたいと思います。

|

2007年1月 7日 (日)

夕日ヶ浦温泉

昨日の夜からひどい暴風。
ありえない音が外で響いていたので、「旅行に来て停電かよ・・・」とビクビクしていました。

朝、外を見ると、一夜にして真っ白。
でも、空が明るくなったので、良くなっていくのかと思っていたら、海の天気って、一気に豹変するんですね。また暴風雨です。北近畿タンゴ鉄道が落雷で止まっていましたが、城崎にも足を伸ばして、予定通りの時間に帰ってこれました。

宿泊先の海花亭紫峰閣は、館内が前面畳敷き。
階段も、エレベーターの中も畳敷きなのには、何とも言えない落ち着きを感じました。

期待通りの料理と、期待以上の設備とサービスにも大満足。
マイナーな場所ですが、私の中での夕日ヶ浦ブランドは健在です。

これで、意識して、普段とは違う時間の使い方をした正月休みはおしまい。
明日から日常に戻ることにします。

|

2007年1月 6日 (土)

今年は必ず・・・

さらっと仕事をして、これから夕日ヶ浦温泉です。
去年は大雪で途中で電車が止まってしまい、さんざんな目に遭いましたが、今年もまた寒波が・・・。

去年は行けなかった社員旅行も計画中です。
行けなかったというか、「行く資格がない」と思ったので計画を立てる気も起こらなかったのですが、ずっと言っていた「5周年記念に」ということもあって、今年は必ず。

「九龍って、猿岩石が出発したとこだったよなぁ」という話をしていたので、久しぶりに昔のビデオテープ引っ張りだしてきて、昨日見ていました。もう10年も前の話なのに、意外なほど話の流れを覚えています。

職場で海外に行くのは、何事にも代えがたい貴重な経験。
それは2年前の旅行で感じたことです。
海外でモノを見る目も養って、その分またいい仕事をしましょう。

|

2007年1月 5日 (金)

身についた習慣

今日から仕事始め。
最初からバタバタするのも・・・と思って、試しに「10時始業」と決めてみたのですが、結局目が覚める時間はいつもと同じで、布団の中でテレビを見て、ゆっくり出てきても9時。

自分自身にとっては、全く意味がないことをしてしまいました。

でも、朝の2時間が貴重な時間であることを、改めて実感できた次第です。

何人従業員がいてくれるとしても、「一番先に事務所に来て、一番最後に帰る」。
これも、当たり前のこととして、続けていくでしょう。
逆に、それができなくなった時は、多分下降線をたどっていくことになるのだと思います。

誰の監視があるわけでもありませんが、身に付いた習慣は大事にしたいものです。

|

2007年1月 4日 (木)

何もしないこと

正月休みは幸せでした。
朝食食べてから、コタツに入ってウトウト。
夕食食べてから、コタツに入ってウトウト。
昼間出掛けない日は、昼食食べてウトウト。
何もしないことが幸せだと思えるよう、今年も頑張りましょう。

好きな本も何冊か読み返して、自分の軸がぶれないように、と。
でも、あっちにいったりこっちにいったり、日々、細かい部分では振り子のように揺れるものです。

今日は、「硫黄島からの手紙」を見てきました。
あまりにリアルな映像に、目をつぶっている時間も長かったですが、トップに立つ者であればこそ、広い心と優しい心が必要、ということなのだと思います。下の人は、ちゃんと見ているものなのでね。

またNTT側の問題で、朝から事務所の電話とインターネットがつながりませんでしたが、夕方復活したようです。

|

2007年1月 1日 (月)

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
本年が皆様にとっていい年になるよう、心からお祈りしております。

さて、今朝、目が覚めてテレビを付けると、「真実の料理人完全版」をしていました。
京都吉兆の総料理長の生き方には、前々から憧れの気持ちを持っています。

私自身、先日の旅行で山芋雑炊を知り、早速試してみたのですが、山芋に加えて普通に玉子を流し込んでみると、よりおいしくいただけます。

料理を作るのは手なのですが、プロの世界でも、マニュアル通りの料理を作るのに手だけを動かしていても、きっと一流にはなれません。

料理を考えるのは頭。
料理を考えている時の思考回路って、ビジネスに即応用できるのではないか・・・なんてことを考えていたところでした。

ということで、今年は、「創る」ということを、より意識していきたいと思います。
何もないところから新しいものを創る。作るではなくて、頭の中から創る。
そのために、日々コツコツと準備を重ねていきます。

|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »