« 客観的な評価と給料 | トップページ | 積み重ねの結果 »

2006年12月13日 (水)

相手に教えること

期間限定でパートさんに来ていただいて、何かを学ばせてもらえたら、と考えていたのですが、いろいろと発見できたことがあります。

2人が教えてくれることに、なるべく口を挟まないようにはしているのですが、「○○の場合はどうしたらいいんですか?」と質問されても、何を聞かれているのか、教える側がすぐには理解しにくいようですね。自分がする時は、何も考えずにできるはずなのに。

だから、質問の趣旨からは、少しずれた回答をしてしまったり、答えたこととは違うニュアンスで相手に伝わっていることが私には分かったり。私自身も、日頃、同じことをしているのかもしれませんが、意外なほど多く、そんな場面があります。

2年と5ヶ月間。
入れ替わりなく、同じメンバーで仕事をしていると、組織としては安定しますが、仕事の方法も固まってきてしまいます。たまには、こうやって違った血を入れてみるのも、いいものなのかもしれません。

|

« 客観的な評価と給料 | トップページ | 積み重ねの結果 »

司法書士の日常」カテゴリの記事