« ブログの役割 | トップページ | 活躍する人は・・・ »

2006年12月 3日 (日)

環境と考え方

昨日は、仕事帰りの友人を迎えに行くのに芦屋の高級住宅街へ。
「なんじゃこれ」と思わず口に出してしまうほどの大邸宅が並んでいます。通勤途中のこととはいえ、毎日こんな環境の中に身を置いていると、きっと考え方もどこかで違ってくるんだろうなぁと。

友人宅では、生後7ヶ月の赤ちゃんがお迎え。
抱かせてもらっていた時間が長かったので腕が張っていますが、友達の子供と遊ばせてもらうと、いつも思うこと。

小さな子供って、自分の身の回りの環境が全てで、特に愛情を持って接してくれる親の姿が一番。

幼稚園の先生をしている妹によれば、子供の生活態度を見れば、どんな親なのかが分かると言っています。3~4歳で、すでに差がついてしまっているんですね。

だから、世間では教育格差がどうのこうのと言われていますが、経済的な問題以前に「親の考え方が子供に伝わる」という当たり前のことに、目をつぶってしまってるんじゃないか、と。債務整理の仕事の中でも、そういう現実を感じたりしています。

|

« ブログの役割 | トップページ | 活躍する人は・・・ »

プライベートな時間」カテゴリの記事