« 新メンバー参加 | トップページ | 植木を見る目 »

2006年12月 8日 (金)

見積りをするまでに

ギリギリまで放置してしまった車検の見積りに。
値段で選ぶつもりもないので、電話で概算だけでもと質問したところ、「車検費用の明細が不透明だという声があったので、今は実際に見せてもらわないと、見積もりはしていません」との返事。

我々の費用も同じで、電話で突然「いくらですか?」と聞かれても答えられないのですが、頼む側にしたら気になることなので、立場を置き換えて考えると、気持ちはよく分かります。確かに報酬も高いかもしれませんが、印紙代を含む実費も含まれていますので、特に不動産登記なんか、「20万円!」の費用のうち、実費が16万円だったりするものです。

ウチの場合、債務整理の費用は分かりやすいように実費込の金額で表示していますが、最近思うのは、本来は書類を全部見せてもらわないと、報酬は決めれないものなのでは?と。

通帳が1冊の人と5冊の人とではチェックする手間が全然違いますし、保険も多い人になると、6つも7つも入られていたりします。

生活を切り詰めて返済に苦しんでいる人と、明らかな浪費を積み重ねている人。
こちらの手間も違ってきますし、報酬が同じというのはどうなんだろう?と考えたりしています。

〈今日メールでご相談いただいた方、送り直しましたが、やはり届きません〉

|

« 新メンバー参加 | トップページ | 植木を見る目 »

司法書士の日常」カテゴリの記事