« 破産の陳述書の中で | トップページ | 家計の3分類 »

2006年11月25日 (土)

相手に伝えること

昨日の続きになりますが、何のために破産の陳述書を作るのかというと、裁判所に負債がかさんだ事情等を説明するため。だから、せっかく作った文章の内容を、事情を知らない裁判所に理解してもらえないと意味がない。

人に何かを伝えるというのは簡単なことではなくて、自分が理解できていないと相手には伝わらないし、理解できているから相手に伝わるかというとそうでもないし。

なおかつ、ブログでもそうなのですが、文章で伝えるとなると、ちょっとの表現ミスが誤解を招いたり。

もちろん、「わかってくれ!」と言ったから伝わるかというと、そんなこともない。

私も一人の事業者ですが、どんな事業であっても、第三者に評価してもらえてなんぼ。
そこに価値を見出してもらえれば対価を払ってもらえるし、いくら自分が素晴らしいことをしていると思っても、お客さんに価値が伝わらないと対価は払ってもらえない。

だから、「伝える」というのは、とっても大事なことだと思っています。

|

« 破産の陳述書の中で | トップページ | 家計の3分類 »

価値観・共感した話」カテゴリの記事

自分のやりたいことをやりたいように(2021.04.03)
経営のセンスが伝わるベッドカバー(2021.03.28)
体調管理もプロの仕事のひとつ(2021.03.21)
「成功者に共通することは・・・」(2021.03.20)
誰にもできることをやり続ける(2021.02.27)