« 研修会兼・・・ | トップページ | 競争しないこと »

2006年11月22日 (水)

注意書きから

京都の裁判所でもらった破産者に対する注意書きを、引用させてもらいます。

「借入れに頼ることのない堅実な生活を心掛け、決して安易な借入れや保証はしないようにして下さい(ほとんどの破産者は、返済できる状況にないにもかかわらず、十分返済できると思い込んで借入れを繰り返していますので、このことを肝に命じてください)」

「また、破産者が借入れすることになった原因については、収入に見合った生活をしていなかったことにある場合が多く見られるので、生活そのものについて基本的に見直してみてください」(以上引用です)

当たり前と言えば当たり前のことなので、紙に書いたものを渡されても、「はい。そうですね」で終わってしまうわけですが、金利云々の問題ではなくて、ここでのミスがなければ、多くの方は多重債務に陥らなかったと思います。

もちろん、「生活費が足りなくて・・・」という事情の中には、本当にやむを得ないと思えることもあるのですが、「生活を見直して」という言葉を、どれだけの方が重く受け止めてくれるでしょうか。

|

« 研修会兼・・・ | トップページ | 競争しないこと »

お金の話」カテゴリの記事