« 司法書士と倫理 | トップページ | 良かれと思っていることが »

2006年11月13日 (月)

年金がもらえないこと

「どうせ、もらえないから」という理由で、国民年金の保険料を支払っていない方が、たくさんおられます。ただ、年金をもらえなくて困っている方、もしくはご両親が年金をもらえなくて、そのしわ寄せを受けて困っているご家族も姿も、たくさん見てきました。

今日、依頼者との話の中でも、「やっぱり払っておけばよかった」という話が出たのですが、いざご自分がその立場に立ってみると、そう考えるのが普通だと思います。

「払うお金がないから」という話もよく聞きますが、ところが不思議なことに、生命保険の保険料には、惜しみもなく使われていたりします。

年金制度が破綻しているのは事実でしょうし、ずっと国民年金保険料を支払ってきた人より、生活保護を受けるほうが金額がいいというのも、矛盾しています。

でも、将来、生活費の不足することが、今の時点でわかっているわけですから、若い頃から自分の問題として、年金がもらえなくても困らない方法を、考えていく必要があると思っています。

|

« 司法書士と倫理 | トップページ | 良かれと思っていることが »

お金の話」カテゴリの記事

「NISA」や「iDeCo」に投資信託など(2021.03.27)
不動産の価格にコロナは関係なし?(2021.03.14)
「ヴェリテ三国ヶ丘」(2020.10.24)
「住宅ローン完済時年齢上昇」の記事(2020.10.05)
老後のお金を自分の思うように使えるか(2020.09.13)