« ライバルができても・・・ | トップページ | 質重視 »

2006年11月 3日 (金)

過払金の使い道

債務整理の委任契約書、何度も作り変えているのですが、過払金が発生した時の取扱いも、細かく盛り込んでおくべきかなぁと考えています。過払いが出たことを伝えると、「先に返して」と言われることが増えてきたのですが、言葉で説明しておいても、聞いた聞いてないの問題になりますので。

「先に返して」は、少なくとも、私の費用を支払ってから言って欲しい言葉なのですが、そもそも、ない所から出てきたお金がないと生活できないというのは、おかしいんですよね。

ただ、家賃を滞納しているとか、光熱費を滞納しているとか、その人の状況に合わせて対応するようにはしていますが、逆に、そこまで苦しい状況に陥っている人が、任意整理で3年間も分割弁済していけるのか、という問題もあります。

借金を少しでも減らして、生活を立て直すきっかけを作ってもらうためのお手伝いをするのが仕事、と思っていますので、まずはそのための費用に充ててもらう。借金が残るのであれば返せる範囲で返して、少しでも後で楽になるようにする。

借りたお金は全額返すのが大原則として、でも、毎月の収入から確実に返していけないのなら、最初から自己破産を選択するほうがいいとお勧めしています。

|

« ライバルができても・・・ | トップページ | 質重視 »

お金の話」カテゴリの記事

「NISA」や「iDeCo」に投資信託など(2021.03.27)
不動産の価格にコロナは関係なし?(2021.03.14)
「ヴェリテ三国ヶ丘」(2020.10.24)
「住宅ローン完済時年齢上昇」の記事(2020.10.05)
老後のお金を自分の思うように使えるか(2020.09.13)