« 電話の不通2 | トップページ | 4日ぶりに »

2006年10月25日 (水)

5の借金の意味

とうとう3日目が過ぎてしまいました。
昨日よりも、発信はマシになりましたが、着信はつながらないようです・・・。

見出しにつられて、「金融ビジネスNO.248」を買いました。

「100の収入で生活できない人が、その補填のために5の借金をするということは、105の生活をすることを意味する。だが、生活を95にしなければ、5の借金は返せない。ゆえに、恒常化すれば、破綻は時間の問題になる。」(以上引用です)

私が日頃お伝えしたいと思っているのもこういうことで、5の借金に対する利息を0.29から0.18に変えても、それだけで問題の解決になると、言い切れるはずがないんですね。

雑誌に書いてあることをどこまで信じていいのかは別として、何事も、片側だけから見た意見ではなくて、都合の悪い部分からも見ていかないと、真実の姿は見えてこないと思っています。

|

« 電話の不通2 | トップページ | 4日ぶりに »

お金の話」カテゴリの記事