« 電話の不通 | トップページ | 5の借金の意味 »

2006年10月24日 (火)

電話の不通2

今日も、3本位しか電話は鳴りませんでした。
夕方ふと思いついて、普通の回線を使っているFAXの回線に家庭用の電話をつないで、発信はできるようになったのですが、着信は無理。

みんなが「NTTの故障」と気付いてくれていればいいのですが、そうでないことが一番の気掛かりです。

NTT西日本のホームページにも「一部のお客様」という書き方をされていたり、できるだけ大事にしたくないような表現をされていて、(実際はどうなのかわかりませんが)そこに防衛意識を感じるのが残念。

つながらないのが、割合からすれば一部の回線であっても、その一部に電話をする人がたくさんいれば、「一部のお客様」では片付けてはならないと思うのですが、こういうのは、実際に電話を使えない立場にいる人間でないと、分かってもらえない気持ちなのかもしれません。

|

« 電話の不通 | トップページ | 5の借金の意味 »

司法書士の日常」カテゴリの記事