« 本棚 | トップページ | ホームページ »

2006年10月 1日 (日)

AかCかの選択

こないだ、他の先生とラーメンすすりながら、話し込んでいました。
Aという考え方とCという考え方、どちらが正しい?
結局、なんだかんだと理屈を考えてみても、わからない。

両方の考え方にもメリット、デメリットがあって、それをどう判断するかは、その人の立場や考え方次第。だから、きっと正解なんてないのだと思います。

ところが、「絶対Aだ」という情報もあって、多くの人がそうだそうだ、と言ってしまうことがあります。私の場合、それならAという考え方はウソなんだ、と解釈します。本当に正しいのなら、Aのデメリットも考えるはずだから。

抽象的な話になりますが、AかCかで悩んでいても、別にAかCを選択する必要はなくて、Bという方法やDという考え方もあるわけで、選択を繰り返す中で常に自分なりの方法を見付けていくことは、とっても大事なことなのだと思います。

|

« 本棚 | トップページ | ホームページ »

価値観・共感した話」カテゴリの記事