« 一番良かった時代 | トップページ | 後で笑う人 »

2006年10月30日 (月)

信用できること

約束の時間を過ぎても来られない。
「あの人は、約束すっぽかさないと思うけどなぁ」と言ってると、時間の勘違いでした。こちらの勘違いかもしれないので、私もごめんなさいです。一方、「またあの人か・・・」ということもあります。

些細なことでも、お互いに信用できるかどうかというのは大切なところ。
信用できるかどうか、何らかの明確な基準があるわけではないでしょうけど、話し方であったり、話す内容であったり、仕草であったり。全体から感じる印象であったり。

接する時間が短かったとしても、いろんな要素が重なり合って、相手に判断されるものだと思います。

ホームページを見て来てくれる方には、いかにして私のことを信用してもらうか。
はじめて会う人に大金を払うのですから、こちら以上に、頼む側に立つ人は不安です。
でも、「信用して下さい」と言うのではなくて、自然な姿を判断してもらわない意味がない。

毎日がそれの繰り返し。
だからこそ、どんな情報を開示しておくかというのは、大切な部分だと思っています。

|

« 一番良かった時代 | トップページ | 後で笑う人 »

司法書士の日常」カテゴリの記事