« タイといなり寿司 | トップページ | 行列のできる・・・ »

2006年9月25日 (月)

もらう人と払う人

依頼者の解約手続に付き添ってきたのですが、古い郵便貯金、元金10万円に対して5万円の割合で利息が付いています。もちろん、長い期間預けていた結果なのですが、今ではありえない話です。

一方、私の親の家は、ごくごく普通の住宅ローンなのに、7%以上の利息を払っていました。昔の書類を見て知ったのですが、無茶な話です。4%程度であれば、今でも依頼者の契約書(過去の分)で目にしていますが、景気がいい時に庶民が何をすべきなのか、考えさせてもらえます。

社会環境が悪いときは、今が当たり前。
良いときは、いつ終わるかわからない。

私は、できるだけそのように考えるようにしています。

|

« タイといなり寿司 | トップページ | 行列のできる・・・ »

司法書士の日常」カテゴリの記事