« ブログの効果 | トップページ | 利息を払うかいただくか »

2006年8月 3日 (木)

毎月の支払額と総支払額

3,500万円の家を買って、ローンの支払利息が合計3,100万円。
実際の書類に出ている数字を目にすると、何とも言えない気持ちになります。2軒分の支払いをして、何事もなく支払いを終えた時点で残るのはの1軒の家。しかも、マンションなら共益費や修繕積立金が別途必要ですから、必要なお金はさらに増えます。

そのことに気付いて買うのなら、その人が決めた人生なので問題ないのですが、実際のところどうなんでしょうね。不動産の広告を出す場合は、「全期間固定金利」の利率で計算した「総支払額」を参考として明示すること、なんていうルールを作って試してみたいものです。

ちなみに、現実の広告に出ているのは、「短期固定金利」で借りた場合の「毎月の支払額」です。私もこの仕事をしていなかったら、そのカラクリに気付かなかったのかもしれません。

|

« ブログの効果 | トップページ | 利息を払うかいただくか »

お金の話」カテゴリの記事

「NISA」や「iDeCo」に投資信託など(2021.03.27)
不動産の価格にコロナは関係なし?(2021.03.14)
「ヴェリテ三国ヶ丘」(2020.10.24)
「住宅ローン完済時年齢上昇」の記事(2020.10.05)
老後のお金を自分の思うように使えるか(2020.09.13)