« うれしい連絡 | トップページ | 明日できることは・・・ »

2006年7月 8日 (土)

立場の違い、価値観の違い

北朝鮮の行動と、日本の世論を見て感じることです。
外交のことはわかりませんので、その内容について書くつもりはありませんが、一般の社会でもよくある図式なんじゃないかなぁと思うのです。

非常識な人に対して、常識ある人が正論で主張する。
我々が仕事として関与する場面としては、「内容証明書いて下さい」「訴訟をして下さい」という形が考えられます。

ところが、客観的には正しいと思える手段を取ったとして、非常識な人には通用しないというか、意味をなさないケースもあります。逆に、常識ある人の正当な主張が、「けんかを仕掛けてきた」というような解釈をされ、善悪が逆転してしまったり・・・。立場の違い、価値観の違い、思想の違いで、何が正しいのかが違ってくるんですね。日常生活の中でも、そんな経験ありませんか。

私は日本人ですから、多くの方と同じように日本側から見た考え方をします。
でも、自分が間違っているとは思っていない非常識な北朝鮮に対して、日本が日本の論理で主張するわけですから、ただこちら側の正論を主張すれば解決する、ということにはならないのだと思います。

|

« うれしい連絡 | トップページ | 明日できることは・・・ »

価値観・共感した話」カテゴリの記事

自分のやりたいことをやりたいように(2021.04.03)
経営のセンスが伝わるベッドカバー(2021.03.28)
体調管理もプロの仕事のひとつ(2021.03.21)
「成功者に共通することは・・・」(2021.03.20)
誰にもできることをやり続ける(2021.02.27)