« ボーナスについて思うこと | トップページ | ケーキでジャイケン »

2006年7月 2日 (日)

満室の秘密

昨日の新聞のテレビ欄で「満室の秘密・・・能登高級老舗旅館の仰天集客術」という見出しを見て、「きっと加賀屋のことだ」と思ってブロードキャスターを見ていたのですが、やっぱりそうでした。

私の場合、他の旅館の料理のイメージ写真に引っかかり、足が折られたカニを食べる羽目になった和倉温泉旅行。あの時ほど、自分の見る目(旅館を選ぶ目)のなさに後悔したことはありませんでした。加賀屋は外観だけ見に行きましたが、「やっぱり違うなぁ」という存在感を感じました。

改めてパンフレットを見ても、加賀屋は高いんです。
普段の土日でも、大阪からなら安くて5万円弱。高い部屋なら9万円代です。「それなら、他所に2回行くほうが・・・」という気にもなるもの。でも、あえて高級路線を歩むところには、必ず学ぶべきものがあると思っています。だって、安くして集客するのは簡単なんですから・・・。

大事なことは、お客さんに喜んでいただくためには、何が必要なのかということ。
いつか、自分の目で満室の秘密を確かめに行きたいです。

|

« ボーナスについて思うこと | トップページ | ケーキでジャイケン »

価値観・共感した話」カテゴリの記事

自分のやりたいことをやりたいように(2021.04.03)
経営のセンスが伝わるベッドカバー(2021.03.28)
体調管理もプロの仕事のひとつ(2021.03.21)
「成功者に共通することは・・・」(2021.03.20)
誰にもできることをやり続ける(2021.02.27)