« 元社員の激白 | トップページ | 取り組む姿勢 »

2006年6月27日 (火)

生活改造計画

浪費で破産管財事件になった債務者と打ち合わせ。
というよりも、今後の生活の仕方について、半分は真剣に、半分は雑談としてお話ししていました。

炊飯器もない、鍋もヤカンも何もないということなのですが、自動販売機でお茶は買わない。家でお茶を沸かして、仕事に行くときも水筒に入れて持って行く。おかずは買うとしても、最低限ごはんは家で炊く。夕食で余ったごはんは、おにぎりにして翌朝に食べる。おにぎりだけで足らない時は、冷凍食品を買い込んでおいて、適当にレンジでチンして食べたらいいじゃないですか、と。

「そんなの無理です」っていう言葉が返ってくるわけですが、そう言い訳してる間は免責下りないですよ、と。

でも、少しずつ変わってきました。
頭ごなしに押し付けても無理なのは理解しているつもりですので、ボチボチといきましょう。これこそ、生活改造計画です。

|

« 元社員の激白 | トップページ | 取り組む姿勢 »

司法書士の日常」カテゴリの記事