« 「NO」と言うこと | トップページ | 遠方からのご依頼 »

2006年6月 1日 (木)

お客さんの鉢合わせ

朝、アポなしで来られたので、お客さんがバッティング。
「電話してから来ていただけますか」ときつく言ってしまった私でしたが、書類を届けるのにいちいちアポが必要っていうのもおかしな話ですし、接客スペースが狭いのは私の側の問題。

「いつ来ていただいても大丈夫です」という形にすべきなのだと、反省しました。

「同じビルで広い部屋が空いたよ」と、家主さんには言ってもらっているのですが、残念ながらフロア違い。家賃が倍になることと、エレベーターを使って移転する手間なんかも考えると、どうすべきかと思案しているところです。

拡大路線を走るつもりはありませんので、あくまでも堅実に。
でも、執務スペースと接客スペース、収納スペースが欲しい。
矛盾した中で、しばらく悩みそうです。

|

« 「NO」と言うこと | トップページ | 遠方からのご依頼 »

司法書士の日常」カテゴリの記事