« 融資を受けることの意味 | トップページ | 何とかなること »

2006年6月15日 (木)

必要な情報と不要な情報

司法書士会から会務通信と共に毎月届く書類。
今日届いた分は、いつになく不要な書類が多かった?

いる情報といらない情報をすぐに仕分けてしまわないと、いざという時に必要な情報が取り出せなくなります。なので、余分な書類は即破棄です。

メールも同じなのですが、私の場合、携帯に転送していますので、携帯が鳴ったらまずは送信者を確認して、見る必要があるならすぐにパソコンの画面で確認するか、外出中なら携帯で全文を受信します。

返信が必要なメールは、携帯の受信トレイに残しておいて、事務所に入ったら忘れないうちにすぐ返信。返信したら携帯からは削除です(万が一、どこかで携帯を紛失したら大変なので)。

見る必要がないと思ったなら、携帯からは即削除。パソコンの画面でも見ません。

いらない情報に対しては、理屈ではなくて生理的に「いらない」と判断するようになっているようで、いらないことを忘れるスピードも、年々早くなってきている気がします。

|

« 融資を受けることの意味 | トップページ | 何とかなること »

司法書士の日常」カテゴリの記事