« 辞任する前に | トップページ | 事務所の引越し計画2 »

2006年6月10日 (土)

会計するカラダ?

昨日、本屋で岡本吏郎さんの新しい本が山積みされているのを見付けたので買いました。「会社の数字がカラダでわかる!」(幻冬舎)。

『困ったことに、初心者は応用問題が好きである。先述したが、この国では気を抜くと応用問題を身に預ける羽目になるところがある。そして、基本問題と応用問題では、基本問題のほうが点数を取るのが簡単だというのに、初心者は好んで応用問題に手を出してしまう。それは身の程知らずの行為でしかないわけだが、世の中に流されると簡単に応用問題の呪縛にはまる』(以上引用です)

抽象的な話なのでわかりづらいですが、前後の文章や私なりに行間を読んでみると、こんな感じになります。

「借金して経営するのは、借金せずに経営するよりも難しい。なのに、借金をする人が、そのことを理解していないのは問題である。しかも、借金をしたからには、より一層の努力が必要なのに、その努力もせずにうまくいくはずがない。会社は沈没していくだけである。」(以上は私の解釈です)

私は、岡本吏郎さんの考え方に、自分の価値観が大きく変わった人の中の一人です。何事も、物事の本質を考えていきましょう。

|

« 辞任する前に | トップページ | 事務所の引越し計画2 »

価値観・共感した話」カテゴリの記事