« 顧客との関係 | トップページ | お客さんの鉢合わせ »

2006年5月31日 (水)

「NO」と言うこと

悩みながら金融機関と打ち合わせしてきた登記の枠組みが決まって、依頼者に説明に行くと、依頼者の意向とは違う話になっていたことがわかりました。私の依頼者は、金融機関ではなくて債務者たる法人ですので、直接印鑑をいただきに出向くのは当然なのですが、事前の説明と、意思の確認がいかに大事であるかを実感できた一日でした。

融資先の金融機関に対して「NO」と言えるかどうか。

昨日の仕事を断る話ではありませんが、これって結構重要なことのように感じます。いろいろと話を聞いていると、優良な顧客から「全額返済する」「もう借りない」と言われることは、金融機関側からするとこの上なくつらい話のようです。借りたくても借りれない法人もたくさんあることを考えると、不思議な話なのですが、いい条件で借りるためにも、健全な経営をしなければならない、ということ。

考えてみれば、当然の話ですけどね。

|

« 顧客との関係 | トップページ | お客さんの鉢合わせ »

司法書士の日常」カテゴリの記事