« 匿名での相談 | トップページ | 利益とサービスの質 »

2006年5月16日 (火)

ハウスクリーニング

窓を開けて生活する季節になって、自宅の網戸の汚れが気になってきました。
一戸建に住んでいた時は、自分ではずして庭で洗っていたのですが、マンションではそういうわけにもいきません(広い家ではないのですが、5ヶ所もあるので)。そこでハウスクリーニングをお願いすることにしました。

「網戸と窓だけとなると、割高になりますよ」
「それでもいいですよ。それよりも、採算取れますか?」
「いつもお世話になっていますので、大丈夫です」

相手の立場も気にできるようになったのは、自分が経営する側に立たせてもらっているからかもしれません。会社の車を使って自宅まで来てもらって、洗剤や備品を使って作業してもらうのに、果たしてどれだけのコストが掛かるのか。作業してもらう現場だけを見て、高い安いを判断してはならないんですね。

今日、事務所の労働保険料を納めてきましたが、「これだけいります」と事務員に言われた金額を見て、「何かの間違いでしょ?」と思いました。組織が利益を生み出すことって、本来大変なことなのだと思います。

|

« 匿名での相談 | トップページ | 利益とサービスの質 »

司法書士の日常」カテゴリの記事