« 3日坊主になる? | トップページ | 経済学と経済の仕組み »

2006年5月13日 (土)

潰す勇気も必要

債務整理の相談に対する私のスタンスは、できる限りの選択肢を示して、依頼者自身に決めてもらう、です。私がしていることは、依頼者が立ち直ってもらうためのお手伝いであって、「被害者救済」なんていうものではないんですね。

法的な手続をすることが「救済」だとは考えていませんし、ご本人にその気がなければ、コンサルタントなんて何の役にも立たないでしょう。

家を手放すかどうか。事業を辞めるかどうか。
人生の分かれ目になる相談を今週たくさん受けましたが、問題を抱えたままそれに固持してしまうと、いつまでたってもズルズルといく可能性があります。何かを「守る」ことも大切ですが、時には「潰す」勇気も必要。でないと、もっと大切な物を失ってしまうかもしれません。その場しのぎに走るのは絶対にダメです。

短い相談時間の中で、考え方を変えてもらうのは大変難しいことですが、その分ブログやHPを通じて、いろいろと投げかけていきたいと考えています。

|

« 3日坊主になる? | トップページ | 経済学と経済の仕組み »

事務所経営論」カテゴリの記事