« どんな登記を? | トップページ | 体調管理 »

2006年5月26日 (金)

1年分の生活費

今日、商業登記のシステムが入りました。
開業時に請求書のシステムを入れてから、債務整理、不動産、商業と少しずつ入れてきました。開業時、先輩の先生が「書類を作っている時間があったら、他のことに時間を使うほうがいい」と仰っているのを聞いて、その時は「そうなのかなぁ・・・」と思っていましたが、徐々に理解できるようになってきたようです。

半年以上前から進めていた債務整理事件が完結しました。
400万円以上の負債があったのに、破産するどころか、結果的に1年分の生活費相当額を手元に残すことができて、依頼者にはとても喜んでもらえました。

大きな過払金が返ってくるのも、長年、利息制限法に違反した利率で取引していたからなのですが、じゃあ、最初から18%の利率で借りていたら、借金はとっくの昔に完済して、せっせと貯金ができているのかと考えると、おそらくそうはならないんですね。

利息の論理だけでは解決しないからこそ、多重債務問題は余計に難しいのだと思います。

|

« どんな登記を? | トップページ | 体調管理 »

司法書士の日常」カテゴリの記事