« 牛しゃぶパーティ | トップページ | 自家製の餃子 »

2006年3月20日 (月)

連帯保証制度の廃止

今朝の新聞に、「信用保証協会が、連帯保証制度を原則廃止」という記事が載っていました。

私も何度か書いていることですが、公的な金融機関の融資方法は、ある意味、消費者金融の存在以上に問題にすべきだと考えています。「保証人がいないと借りれない」というなら、おそらく「借りるべきではない」ということです。連帯保証を付けることを認める例外も、できるだけ狭めて考えてもらいたいものです。

過剰な貸付についても問題にすべき話で、きちんと審査をして貸さないと、国民生活金融公庫や、保証協会の保証付で融資された資金が、消費者金融の返済にも回っているというのも、現実の話。もちろん、返せない程のお金を借りる側が悪いわけですが、過剰に貸し付けられたお金を返すために、また消費者金融に手を出してしまうことを考えると、被害を大きくしているだけです。

ついでに、今日、破産事件に関して法律扶助の申し込みを考える過程で、「無職の場合は、保証人がいないと扶助を受けれない」という現実にあたりました。きちんと償還をしない人がいるのは分かっていますので、仕方がない措置だと思うのですが、生活保護や児童扶養手当を受けていたら保証人は不要なのに、そうでなかったら必要なんですね・・・。

|

« 牛しゃぶパーティ | トップページ | 自家製の餃子 »

お金の話」カテゴリの記事

「NISA」や「iDeCo」に投資信託など(2021.03.27)
不動産の価格にコロナは関係なし?(2021.03.14)
「ヴェリテ三国ヶ丘」(2020.10.24)
「住宅ローン完済時年齢上昇」の記事(2020.10.05)
老後のお金を自分の思うように使えるか(2020.09.13)

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連帯保証制度の廃止:

« 牛しゃぶパーティ | トップページ | 自家製の餃子 »