« 堺市の公募債 | トップページ | 牛しゃぶパーティ »

2006年3月17日 (金)

イチロー選手のひと言

ほとんど中継は見れていないのですが、ワールドベースボールクラシックは、日本は危機一髪のところで救われたようです。

昨日の敗戦後、イチロー選手が発した「野球人生で最も屈辱的な日」という一言には、しびれました。日本の野球界を捨てていったと思っていたイチローが、日本のために一生懸命になってくれている・・・。しかも、クールなイメージがあった、あのイチローが、という意味で、うれしさを感じました。

先日も書いたことですが、オリンピックで負けた選手が、「満足している」と言ってしまうことに、私は違和感を感じます。もちろん、アマチュアの世界であれば自分が楽しめばいいのですし、日本のために戦っているわけでもありませんし、第三者が成績をとやかく言う権利はないでしょう。でも、スポンサーがついて実質的にプロとして活動している選手もいることを思うと、どうなんだろう、と。

誤審もありましたし、政治的なこと、辞退する選手のことも含めていろいろ問題はある大会のようですが、負けて悔しがっている選手を見ると、私はホッとするのです。

|

« 堺市の公募債 | トップページ | 牛しゃぶパーティ »

世の中の話」カテゴリの記事

責任者として守るべき存在がある(2021.04.10)
下の人は意外な程見ているもの(2021.01.16)
新型コロナウイルス素人の雑感13(2020.12.27)
新型コロナウイルス素人の雑感12(2020.11.29)
新型コロナウイルス素人の雑感11(2020.11.21)

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチロー選手のひと言:

« 堺市の公募債 | トップページ | 牛しゃぶパーティ »