« 「働く」こと | トップページ | 人としての幸せ »

2006年2月18日 (土)

不思議な心理

昨日、お酒の席で、一般企業に勤めている友達が、面白いことを語りはじめました。

『司法書士に頼むときはワラにもすがる思いだけど、頼んだことが済むと、「私なんでこの人に頼んでたんや?」と思うもんなんや。請求書を見ると金額は高いし、「この先生は悪い人」というイメージに変わってしまって、お金を払う気も無くしてしまう。そもそも、司法書士がしていることって、目に見えにくいものでしょ?』

自らの体験談なのかどうかはわかりませんが、貴重な意見です。

お金の問題はとてもデリケートです。もちろん、業として司法書士をしている以上、対価はきちんと請求させてもらいますが、対価をいただいた上で「ありがとう」と言っていただくのは簡単な事ではありません。これは、サービスを業としている限り、永遠のテーマでしょう。

メンバーの中に、結婚間近なのが2人。
1人は自分が自営業で、もう1人は結婚相手が自営業。
「よく許してくれたな」「よく許したな」という会話の中で、「自分が嫁になる立場なら、とてもじゃないけど自営の人とは結婚できない」と言ってる私も自営業。不思議な心理です。

|

« 「働く」こと | トップページ | 人としての幸せ »

プライベートな時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53075/8718591

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な心理:

« 「働く」こと | トップページ | 人としての幸せ »