« 人としての幸せ | トップページ | 自分なりの価値観 »

2006年2月20日 (月)

数字のマジック

提案書の話をしていて、「医療保険は、60歳から保険料が半額になるタイプがお得」という意見が出たのですが、「いや、その考え方は間違いだよ」と。

60歳から保険料が半額になるということは、それまでに余分な支払いをしているということ。実際に電卓を叩いてみると、一生涯保険料が同じタイプと、60歳から半額になるタイプがある、ある保険では、60歳の時点で支払総額が11万円も違ってきます。当然、60歳から半額になるタイプの保険が高い。

元を取ろうと思うと、66歳まで掛け続けなければなりません。
だから、どちらが得か損かというのは、その人の好みで判断すべき問題でしょう。

何年か毎に、10万円や20万円程度のボーナスが支給されるという保険も同じ。
健康祝金が出るからお得だということではなくて、当然保険会社に不利な条件にはなっていないはずですから、数字のマジックにつられず、中身を見て選ばなければならないということだと思います。

|

« 人としての幸せ | トップページ | 自分なりの価値観 »

価値観・共感した話」カテゴリの記事

自分のやりたいことをやりたいように(2021.04.03)
経営のセンスが伝わるベッドカバー(2021.03.28)
体調管理もプロの仕事のひとつ(2021.03.21)
「成功者に共通することは・・・」(2021.03.20)
誰にもできることをやり続ける(2021.02.27)

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数字のマジック:

« 人としての幸せ | トップページ | 自分なりの価値観 »