« 今年の抱負 | トップページ | ホスピタリティ精神 »

2006年1月 4日 (水)

物事の本質

もう一冊、いい本に出会えました。
折口雅博著『「プロ経営者」の条件』(徳間書店)。「福祉と介護をビジネスにしてはならないのではないか」と言われる中、ゼロから組織を作り上げた姿が記されています。

「会社をよくしよう、社会をよくしよう、といくらきれい事や能書きを言っても、売り上げが上がらなければ実現はできません。そして、売り上げを上げるためには、究極的には顧客満足度を最大化するしかないのです。お客さまが満足し、リピートが増え、紹介が増え、売り上げが上がるからです。」(以上引用です)

私たち国家資格者の世界も、「お金儲けじゃない」「利益追求してはならない」という考え方があります。でも、「お金儲け」なんていう表現を使うから誤解を招くのであって、きちんとしたサービスを提供して、適正な対価をいただくのは当然のことです。もしくは、ボランティア・善意で行動するのなら、最初から対価を請求しないことだと思います。

「物事の本質を見抜け、雑音に動じるな」(以上引用です)とも書かれています。
私たちの仕事の本質とは何でしょうか。きれい事を言う前に、コツコツと仕事をやり遂げていきたいものです。

|

« 今年の抱負 | トップページ | ホスピタリティ精神 »

事務所経営論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53075/7998065

この記事へのトラックバック一覧です: 物事の本質:

« 今年の抱負 | トップページ | ホスピタリティ精神 »