« 仕事納め | トップページ | 体内時計 »

2005年12月29日 (木)

ザ・リッツ・カールトン

料理の金額は事前に確認していたものの、飲み物のメニュー表を見た瞬間、「これはやばい」と思いました。「どれが飲みやすいですか?」と聞きつつ、頼めないモノを言われたらどうしようか、と。

途中、「ミネラルウオーターはどうなさいますか?」と聞かれたので、「お願いします」と。「ガスありとガスなしがありますが」と言われる店員さん。「ガスって何のこと?」と首をかしげる私に、事務員が横から「炭酸のことですよね」と。なんでも、ヨーロッパに行った時に覚えたとのこと。ひとつ勉強になりました。

酔った勢いで、「この空き瓶、いただいて帰っていいですか?」と言う私に、笑顔で「記念にですか。袋をお持ちします」と店員さん。周りのお客さんとは、明らかに雰囲気が違う団体だったと思いますから、我々が貧乏人だということは感付かれていたと思います。

でも、事務所にシャンパンの空き瓶を飾って、「またリッツに行くぞ」という気持ちで頑張ることにします。

|

« 仕事納め | トップページ | 体内時計 »

プライベートな時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53075/7893048

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・リッツ・カールトン:

« 仕事納め | トップページ | 体内時計 »