« 保険か借金か | トップページ | 相談者の意図 »

2005年12月 7日 (水)

ウソは天敵

裁判の話で、「相手の司法書士は、うまく自分の依頼者に使われている」という話を聞いて、恐ろしさを感じました。真実を知っているのは、当事者だけ。我々は、当事者から聞いた話や書類等の証拠を元に訴状を作ったりしていくわけですが、自分の依頼者が本当のことを言っているとは限りません。ウソとまでは言わなくても、どうしても自分に都合がいいように話をしてしまうものですし・・・。

敵対する当事者が、まるっきり正反対のことを言っているというのは良くあることで、どちらかがウソをついているか、どちらも本当のことを言っているのか。耐震強度の偽造事件でも、誰かがついているウソで余計に混乱しているわけですが、我々の仕事の中でも、ウソは天敵です。

ウソをつき始めると、ウソを本当にするために、またウソをつかなければなりません。
別件でも、「ウソをつく人に怒っても仕方がないので、『この人かわいそうだ』くらいに思っておくほうがいいですよ」なんていう話をしていました。そこまで割り切れる時と、割り切れない時がありますけどね。

|

« 保険か借金か | トップページ | 相談者の意図 »

司法書士という仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53075/7511655

この記事へのトラックバック一覧です: ウソは天敵:

« 保険か借金か | トップページ | 相談者の意図 »