« 研修の単位 | トップページ | 顧客集めの手段 »

2005年11月14日 (月)

過払い金のその後

任意整理で過払い金の出た依頼者。
貸金業者から、過払金が私の預り金口座に振込みがされても、基本的に全債権者と和解ができるまでは保管し、最後に費用と差し引き清算するのですが、「急ぐ」「早くして」と、なぜか急かされる人が少なくありません。

事情は人それぞれですから、それを「おかしい」と決め付けるつもりはありませんが、そもそも、過払い金って、目に見えないところから湧いて出てきたようなお金ですから、それをアテにされるというのも、おかしいんですよね。

はっきりと、「車を買う」と言ってる人もおられますし、でも、「今月の生活費が足りないから」と言われると、過払い金がなければどうなるの?と思います。まとまったお金を返したばかりなのに、「また必要になって」と言われたり、他の債権者への返済を1回目から滞る人もいたりして、いろいろと不思議な現象に出くわすことになります。

結局、「お金はあるだけ使ってしまう」という考え方を変えない限り、いつまでたってもお金に追われる生活から脱出できないと思うのです。

|

« 研修の単位 | トップページ | 顧客集めの手段 »

お金の話」カテゴリの記事

「NISA」や「iDeCo」に投資信託など(2021.03.27)
不動産の価格にコロナは関係なし?(2021.03.14)
「ヴェリテ三国ヶ丘」(2020.10.24)
「住宅ローン完済時年齢上昇」の記事(2020.10.05)
老後のお金を自分の思うように使えるか(2020.09.13)

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過払い金のその後:

« 研修の単位 | トップページ | 顧客集めの手段 »