« 業務案内の失敗例 | トップページ | 帳面を付けること »

2005年11月28日 (月)

失礼な対応

今日は、法定後見申立を受託。午後からは、売買の取引に。
その場で、次の仕事を言っていただき、夕方には別ルートからまた取引のアポが。
「まだ余裕がある」とか言ってるうちに、未処理のファイルが山積みになってきました。

最近、「○○ですけど」という電話に、「下のお名前を教えていただけますか」「どちらの○○さんですか」という本当に失礼な対応をしています。でも、悪意はありませんので、ごめんなさい。ウチの事務所の場合、ほとんどが個人のお客さんですから、本当にどの○○さんなのか、わからなくなっています。特に、一度相談に来ていただいて再度の電話という場合は、私も慌ててファイルを探します。同姓の方の仕事が、いくつも同時進行で進んでいますから。

事務連絡をメールでいただける方には、結構救われています。
全部の電話に私が出るわけにはいきませんが、メールは全部私が返事をしていますので。

|

« 業務案内の失敗例 | トップページ | 帳面を付けること »

司法書士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失礼な対応:

« 業務案内の失敗例 | トップページ | 帳面を付けること »