« サラリーマンになったら | トップページ | 賢島宝生苑 »

2005年10月 7日 (金)

信じることと現実

費用の請求をすると、「お金がないから払えない」と言われることは、債務整理に携わる者の宿命です。でも、「用意してもらえないとできません」と言うと、ほとんどの人が用意してくれます。少なくとも私の事務所の場合。

今回、他士業の先生からの紹介で、「お金がないと言っているけど、お願いします」と言われていた案件があります。「最初に払わない人は絶対に払いませんよ」と私は言っていたのですが、「いえ、払うと言ってますから大丈夫だと思うんですけど・・・」と言われ続けて、とうとう半年経過。

実費すらもらっていませんから、もちろん受任通知は出していませんが、やっと届いた通帳を見るとお金はありました。但し、使ってしまっているので、残ってはいません。車も売ってるのに、「お金がない」なんておかしいんですから・・・。

人を信じることも大事ですが、現実を見ることも大事。
「お金を払えない」のと「お金があるけど払わない」というのは、区別して考えなければなりません。

|

« サラリーマンになったら | トップページ | 賢島宝生苑 »

お金の話」カテゴリの記事

「NISA」や「iDeCo」に投資信託など(2021.03.27)
不動産の価格にコロナは関係なし?(2021.03.14)
「ヴェリテ三国ヶ丘」(2020.10.24)
「住宅ローン完済時年齢上昇」の記事(2020.10.05)
老後のお金を自分の思うように使えるか(2020.09.13)

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信じることと現実:

« サラリーマンになったら | トップページ | 賢島宝生苑 »