« 信じることと現実 | トップページ | 自分で手続きされること »

2005年10月 9日 (日)

賢島宝生苑

伊勢の賢島宝生苑に行ってきました。

パンフレットを鵜呑みにして旅館を選ぶと、痛い目に遭うことがわかったので、最近、慎重に選ぶようになりました。外観を、夜や遠い位置から撮影したり、風呂場や料理を強調したり、イメージでは何とでもごまかせますから。築年数や改装の有無についてのチェックも欠かせません。

設備が古くても、サービスが良ければまだ許せますが、私の感覚ではダメな所は両方ダメ。料理を運んでくるタイミングなんかも含めて、できてる所は両方できてます。不思議なことですね。

賢島宝生苑は、一流旅館でした。
館内にボーリング場や披露宴会場もあることから、おそらく大丈夫だと思っていましたが、ロビーで案内係のおばちゃんの雰囲気を見た時点で「ここは大丈夫だ」と思いました。結果は、大満足です。

そうやって、人気のある旅館にはますます人が集まり、そうでない旅館は価格競争に走らざるを得ないので、余計にサービスの質が落ちていく・・・。社会の縮図を見ているようですね。

|

« 信じることと現実 | トップページ | 自分で手続きされること »

プライベートな時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53075/6321129

この記事へのトラックバック一覧です: 賢島宝生苑:

« 信じることと現実 | トップページ | 自分で手続きされること »