« 積み立てること | トップページ | 家族を養う力 »

2005年9月27日 (火)

国の都合?

今日の朝刊に、財務省から発表された国の貸借対照表のことが載っていました。

288兆円もの債務超過で、中身を見ていると、財産として載っているであろう貸付金も、果たして回収できるものかどうか疑わしいものだと思います。単年度でみても31兆円もの財源が不足しているということですから、一般企業ならとっくに倒産です。

今、学校でも社会でも、お金のことに関する教育は、ほとんどなされていません。
最近、国民がお金のことを知らないほうが、国としては都合がいいんじゃないかと考えたりします。誰にも気付かれず、問題を先送りしてしまうことを国が望んでいるとしたら。

「持ち家と賃貸のどちらが有利か」という議論も、いろんなところで見かけます。
私自身の中でも、どちらがどうなのか結論は出ていませんが、もし真剣に考える人が増えたとしたら、不動産を買う人は確実に減るでしょう。

ところが、住宅ローン控除の制度を、少しでも早く買うほうが有利に見えるように改正したりしていますから、国としたら、そんなことを悩まずに、どんどん買ってもらうほうが都合がいいのだと思います。「本当にローンを返せるかどうか、考えてから買いましょう」なんてこと、言うワケないですからね。

|

« 積み立てること | トップページ | 家族を養う力 »

世の中の話」カテゴリの記事

責任者として守るべき存在がある(2021.04.10)
下の人は意外な程見ているもの(2021.01.16)
新型コロナウイルス素人の雑感13(2020.12.27)
新型コロナウイルス素人の雑感12(2020.11.29)
新型コロナウイルス素人の雑感11(2020.11.21)

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国の都合?:

« 積み立てること | トップページ | 家族を養う力 »